湘南発!社労士みやざきブログ

元【20代社労士の開業奮闘記】。 2006年、28歳で開業した社会保険労務士です。 労務関連分野や仕事のこと、日常のことなどを綴っています。

タグ:平成24年度

 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
人気ブログランキングに参加しています。
 人気ブログランキングへ←いつも1日1票、応援クリックありがとうございます
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、昨日、厚生労働省から平成24年度の地域別最低賃金額の答申状況が公表されました。

この後、各都道府県労働局で、答申の内容についての関係労働者および関係使用者からの異議申出に関する手続を経て決定されるものとなっていますので、正式決定ではありませんが、例年もここから変更とはなっていませんので、今年もおそらくここままでしょう。

ということで、あらかじめのお知らせです。


内容としては、全48都道府県で、時給換算額5円〜14円の引上げとなっています。
全国の加重平均は12円UPで、749円です。
昨年は7円UPだったので、ことしはさらに大幅増ですね。


施行日は9月30日以降順次設定され、それぞれの都道府県労働局で所定の手続きを踏み、決定されます。


参考までに関東一都六県で決定された最低賃金は以下のとおりです。

 東京都  850円(837円)  10/1施行予定

 神奈川県 849円(836円)  10/1施行予定

 埼玉県  771円(759円)  10/1施行予定

 千葉県  756円(748円)  10/1施行予定

 茨城県  699円(692円)  10/6施行予定

 栃木県  705円(700円)  10/1施行予定

 群馬県  696円(690円)  10/10施行予定


                ※( )内は、改定前のもの


上記金額は『地域別最低賃金』という、各都道府県全体に適用されるものですが、別に『産業別最低賃金』という「各都道府県によって、業種別に定めた最低賃金」がありますので、ご注意ください。
両方を比べて、高い方が最低賃金として適用されることになります。
※産業別最低賃金については、各都道府県の労働局ホームページ等に掲示されています。


東京では13円増で、ついに850円となりました。
神奈川県も追随して849円。

以前、このブログで書きましたが、最低賃金があっても、それを知らない事業者・経営者はまだまだ多いものと思います。
知っていても無視するという例外もありますが。

知らずのうちに違法行為を行っていることになっていると、その分リスクを背負うこととなります。
賃金額についての明確な法律は、この最低賃金法くらいです。
これは強行法規で、一部の特別な例外を除けば必ず守らなければならないもの。
毎年この時期に改定されるものなので、注意して参りましょう。


また、毎年のことながら、最低賃金が出てくると必ず話題になるのが「生活保護の給付水準との比較」です。
これまで11都道府県で、最低賃金が生活保護の給付水準を下回る逆転現象が起きていました。
このうち青森、埼玉、千葉、京都、兵庫の5府県は、今回の改定で逆転が解消します。
一方、北海道、宮城、東京、神奈川、大阪、広島の6都道府県では、引き続き生活保護の給付の方が上回ることとなっています。
最低賃金ギリギリで設定される時給額も多くはないので、必ずしも「働いたほうが不利」ということにはなりませんが、理論上不公平感が拭えないのは事実ですし、実際に逆転現象で苦い思いをする方がいるのも事実です。
もう何年もこの話題が出ているのですが、この辺の解消は中々難しいのでしょうかね。
生活保護給付を下げるわけにはいかない、そして、最低賃金を急激に上げるわけにはいかない、という狭間でしょうか。
兎にも角にも、このようなあからさまな「不公平感」はすぐにでも解消すべきだと思うのですけどね。


さて、その他、全国の最低賃金の一覧表は下記をご参照ください。
(厚生労働省ホームページ)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002iwpc-att/2r9852000002iwqt.pdf



最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき−神奈川県の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、横浜、川崎
==============================
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
人気ブログランキングに参加しています。
 人気ブログランキングへ←いつも1日1票、応援クリックありがとうございます
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、昨日は 第44回 社会保険労務士試験でした。

受験された皆様、お疲れ様でした。

すでに各所から回答速報が出されていますね。
毎年のことながら、すごいスピードですね。
択一式の回答を見ると、「回答なし」や複数選択の回答がないため、今回は問題自体の出題ミスはなかったのでしょうか。
例年の悪しき慣例となってしまっているため、穿った見方から入ってしまいます。

それにしても、試験問題の一部に誤植があったというのはどういうことなのでしょう。。。

「必要」が「心要」、「被保険者」が「被保除者」って。
パンチャーのパンチミスなのかもしれませんが、どのように変換させたのでしょうね。
逆に難しい気がします。
間違い探しのクイズじゃないんだから。。。

これは試験開始時に案内があったのかな!?
こんなことで受験者のペースを乱さないで欲しいですね。


さて、難易度は私にはよくわかりませんが、パッと見やすい選択式を見てみると、
話題になりやすい派遣法や労基法の管理監督者関係が出ていたり、労災保険法や雇用保険法をはじめ、各年金法でも、一般常識の科目でも基本的な部分が出ていたりと回答しやすいのかな?と思います。
昨年は、足切りの救済措置が多発されていたので、その反動でしょうか。
隔年で波があるというのは本当なのかもしれませんね。

択一式はどうだったのでしょうかね!?


なにはともあれ、本当にお疲れ様でした。

本気で受験された方は、夏を堪能せずに受験に集中された方がほとんどだと思います。
まだまだ暑い夏が続くそうなので、残りの夏をたっぷり堪能してください。

自己採点の結果がどうであれ、ひとまず休憩されることをオススメします。
なにごともリフレッシュが大切ですね。

頑張りましたよね、本当に
頑張ったみなさんを心から尊敬します。
「仕事もあるし、そんな時間ない!」という方も多いでしょうが、ぜひ積極的にゆっくり休んでくださいね。

しつこいようですが、、、
本当に、本当にお疲れ様でした


最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき−神奈川県の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、横浜、川崎
==============================
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
人気ブログランキングに参加しています。
 人気ブログランキングへ←いつも1日1票、応援クリックありがとうございます
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、今年の8月26日に行われる「第43回社会保険労務士試験」の締切が明日に迫っています。
消印有効なので、まだ申し込んでいない方は、ギリギリ最期です。

もしも迷っている方がいれば、思い切って申込んでしまいましょう!
迷うということは興味があるということ。
やってみようかな、と考えているということだと思います。
勉強が足りないから、、、とか、どうせ落ちるし、、、なんて思っているかもしれませんが、受験自体にはリスクも何もありません。
まぁ、受験料と受験時間は必要ですが。

まずは受けてみるというのもいいと思いますよ。
受験申し込みしてから、一気に勉強が進むってこともあるでしょうし。
まだ3ヶ月近くあります!
これからペースを上げたっていいんです。

私は主催側でもなければ、受験産業従事者でもないので、こんなにオススメしたところで何のメリットもありませんが。

ただ、せっかく興味があって、「やってみようかな」なんて考えているのであれば、途中でやめてしまうのも勿体無いなぁ、と思ってのことです。
やりたいこと、興味のあることは、まずやってみてもいいのではないかな?と。


ということで、念のため。
受験詳細案内等は試験センターのホームページをご覧ください。
http://www.sharosi-siken.or.jp/

今年も去年に引き続き、電力事情の影響もあり、従来の試験時間とは違い、選択と択一が午前・午後 逆になるのですね。
今後もこのままのスケジュールで固まりそうな感じですね。


さて、試験合格後、資格取得後、自分がどのように活躍していきたいか、資格をどのように活かしていきたいかを考えれば、勉強のモチベーションもあがるというもの。
残りの3ヶ月、泣いても笑っても与えられた時間は同じ。
せっかくだから、笑って勉強し、笑って試験を受けられたらいいですね。
試験勉強は大変だし、困難もあるでしょうが、元々は自分がやりたいことであり、やりたいことがあって始めたもの。
すべてを楽しむことは難しいかもしれませんが、ときどき思い出してみてくださいね。
将来の楽しいことを。

では、健闘を祈ります!


最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ



==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき−神奈川県の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、横浜、川崎
==============================
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
人気ブログランキングに参加しています。
 人気ブログランキングへ←いつも1日1票、応援クリックありがとうございます
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、この4月から「児童手当拠出金率」が、”しれっ”と改定されました。
4月分からとなりますので、5月に納付する分から改定となります。

内容は下記の通り。

(旧) 0.13%

     ↓

(新) 0.15%



この児童手当拠出金は、その名のとおり「児童手当」の支給原資として徴収されるもので、社会保険加入事業所から徴収されます。
最近までは「こども手当」の原資になっていましたね。
これは労災保険同様、全額会社負担です。
従業員負担はなく、よって、給与計算に影響を与える改定ではありません。
計算方法は、社会保険加入者の標準報酬月額に上記料率を掛けて算出されます。
大きな額ではないですが、従業員が多い会社や給与の高い会社ですと、「塵も積もれば山」的に積算されていきますね。

ソースは下記URLにあります。(厚生労働省ホームページ)
ちょっと見づらいですが、2ページ目、上段後半部分に料率が記載されています。
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T120405T0020.pdf


ちなみに、その「こども手当」も、この4月から「児童手当」へと名称が変更され、制度改定が為されています。
名称は行ったり来たり、はたまたドタバタがあるなど、二転三転した結果、以前の名前に戻ることとなりましたね。
そして、平成24年6月からは所得制限が適用されることとなります。

その新しい制度の内容は下記の通りです。

【支給額】
◇ 3歳未満    ・・・ 1人あたり15,000円/月

◇ 3歳から小学生まで
   ・第2子まで ・・・ 1人あたり10,000円/月
   ・第3子以降 ・・・ 1人あたり15,000円/月

◇ 中学生     ・・・ 1人あたり10,000円/月


【所得制限について】

◇ 所得制限基準額=622万円+8万円+(扶養親族の数×38万円)

上記計算式が、6月以降の児童手当に適用される所得制限となります。
これ以上の所得がある場合は、児童手当の支給が制限されてしまうのですが、当面の間は【1人あたり一律5,000円/月】が支給されることとなっています。

各報道等では、この所得制限額を「年収」で表現していることが多く、実態がわかりづらい部分があります。
「夫婦と子供2人のモデル世帯で年収960万円」など。
ここから給与所得控除が行われたり、上記計算式が当てはめられたりで、所得制限基準が算出されることになるんです。
って、やっぱりわかりづらい。

また、この所得制限は、夫婦共働きであっても、2人の収入(所得)を合算する必要がありません。
要は、収入が高い方のもののみで計算することとなります。


我家も1歳の娘がいるので、他人事ではなく当事者として、この制度改正を見ています。
いつか所得制限がかけられ、受給できなくなったらショックです・・・。
扶養控除は早々に廃止され、住民税分もこの6月で廃止ですからね。
所得制限がかけられてしまえば、負担増となることは明らかな事実でしょう。
ましてや、自営業者には給与所得控除などがないので厳しい。。。

ん〜、いい制度が創られたのか、負担を大きくする制度となったのか、大きな不信感。
元々は、一律26,000円を支給するということで、周辺制度が改定されたわけで。
景気などの事情によるのはわかりますが、、、世知辛い世の中です。



最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ



==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき−神奈川県の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、横浜、川崎
==============================
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
この週末は自主勉強会に参加。
とても有意義な時間を過ごせました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
人気ブログランキングに参加しています。
 人気ブログランキングへ←いつも1日1票、応援クリックありがとうございます
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、平成24年4月1日付で、「労災保険料率」が改定されます。
労災保険料率は、過去3年間の災害率等を基礎として、原則3年ごとに見直しを行っています。

前回の改定に引き続き、今回も全体的には減率傾向ですね。

新しい労災保険料率は下記のリンク先にあるPDFファイルをご参照ください。
(神奈川労働局ホームページ)
http://kanagawa-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/var/rev0/0027/8711/hokenryouritsu2012231676.pdf

また、請負による建設の事業であって、賃金総額を正確に算定することが困難なものについては、その請負金額に事業の種類ごとに定められた「労務費率」を乗じて得た額を、賃金総額とする特例が定められていますが、こちらも一部の事業の種類に係る労務費率についても改定されることとなりました。
(神奈川労働局ホームページ)
http://kanagawa-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/var/rev0/0027/8712/roumuhiritsu20122316756.pdf

同時に一人親方の保険料率も改定されます。
http://kanagawa-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/var/rev0/0027/8713/2syutokunyuryouritsu20122316834.pdf



保険料が減少されるのは嬉しいことですね。
小さな減少ではありますが、ちりも積もれば山。
当然のことながら、従業員が多ければ多いほどインパクトは大きいものとなるでしょう。

建築関係が据え置きだったり増率だったりしてはいますが…。
やはり現場仕事メインなので、大小関わらず事故が発生しやすい環境ですよね。
もちろん、減らす努力は各企業でも大々的に行っています。
作業員一人ひとりにどれだけ浸透できるか、また自覚させられるか、というところなのでしょう。


さて、新保険料率の適用は、4月1日から。
6〜7月に行う「労働保険料申告(年度更新)」で使用します。
今年は「確定保険料」と「概算保険料」で使用する保険料が、労災・雇用とも異なりますので注意が必要ですね。



最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ



==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき−神奈川県の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、横浜、川崎
==============================
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ