−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
人気ブログランキングに参加しています。
 人気ブログランキングへ←いつも1日1票、応援クリックありがとうございます
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、私の現在の趣味のひとつに「ジョギング」があります。
そして、年に1回ではありますが、ここ2年、フルマラソンを走っています。

周りの方に「ジョギングをしている」と言うと、「よく走れるね。昔から走るの好きなの!?」というような反応をいただくことが少なくありません。

このブログには何度か書いていますが、私は元々長距離走は得意ではなかったどころか、「嫌い」でした。
体育でも部活でも、長距離走は本当に嫌な時間でした。
もちろん、部活(元サッカー部、柔道部)の練習には長距離走は欠かせないものですが、辛いもの以外のなにものでもなく、早く終わってくれ、と思ったものでした。
(自分が走りきらないと終わらないのですが・・・。)
3kmすら走りたくない。
5km走なんて考えたくもない。
そんな状況でした。

それが、社会人になり、運動する機会が激減すると、ずっと運動をしてきた私はなんか体が気持ち悪い。
そこで、健康管理のため、ジョギングと筋トレを始めました。
と言っても、今のようにたくさん走るということはせず、当時実家の目の前にあった多摩川の土手を気が向いたときに散歩がてら軽く走る程度でしたけどね。

そして今。
30歳を超え、体力や新陳代謝の衰えを如実に感じ、体重増加に危機感を覚えていました。
また、「子供が生まれた記念にフルマラソンを走ろう!」と決意。
2年前から本格的にジョギングをすることとなりました。
今では、5kmじゃ軽い部類。
10km程度がいい感じ。
たまに20km。
そんな状況です。
(タイムは厳密には考えません。)


前置きが長くなりましたが、、、ここに何の差があるのか。

「自己決定感」

これが大きく影響しています。

読んですぐにわかると思いますが、「自らの自由意志でその行動を選び、納得して取り組んでいるという感覚」です。
自分で決めて取り組んでいることに関してはモチベーションが上がりやすいということです。

モチベーションには大きく分けて、
「外発的モチベーション」「内発的モチベーション」があります。

「外発的モチベーション」は、金銭的報酬や賞賛など、外部からの刺激によって強化されるモチベーションです。
大切なものではありますが、それが当たり前と感じるように麻痺してしまったり、それが取り上げられてしまったり、ということで、逆にマイナスの効果を生んでしまう可能性を大きくはらんでいます。

そこで、それ以上に大切なのが「内発的モチベーション」です。

心理学者のデシが「内発的モチベーション」について説いているのですが、「有能感」と「自己決定感」という二つの要因が含まれているとのこと。

「有能感」は、自分の能力感覚、つまり「できる」と思える感覚と言えるでしょか。
そして、前述の「自己決定感」。

周りから強制されているのではなく、自分が楽しいから、自分がやりたいからやっているんだ。

そんな感覚が自分の中のモチベーションアップ、そしてモチベーションの維持にも繋がる根本となるものです。


長距離走の話に戻ると、部活や体育で強制されてやっている、という感覚ですと、どうにもモチベーションはあがるものではない。
でも、社会人になって、自主的にやるようになったら、窮屈感がなくなって自由に楽しんで続けられるようになった、というところでしょうか。
もちろん、部活等でも自ら大きな目標や目的をもって取り組む場合は、大きなモチベーション維持になるのは間違いないです。
私の場合は、、、そこが足りなかったのだと今 振り返られます。。。


会社組織の中での「目標管理制度」にも同様の当てはめができます。
従業員、部下のモチベーションがあがらない、なんて思うことがありませんか?
そんなとき、仕事内容や人間関係なども重要ですが、「目標」という観点で、もういちど見直してみるのもひとつの方法です。
立てられている「目標」は、本当に自分で取り組もうと思ったものでしょうか?
会社や上司が勝手に押し付けているものではないでしょうか?
もちろん、組織なので、従業員が勝手バラバラに行動していいものではありません。
そのために、会社の目標、部門の目標をしっかりブレイクダウンし、各個人目標に取り込めるようにしておく。
そして、会社や上司が目標を導くときでも、きちんと本人と説明し、意思疎通をし、本人の納得を引き出す。
これが組織管理上、とても重要です。

ときどきは、その立てた目標の進捗チェックをして、本人のフォローも忘れずに!

そんな流れがきちんと整えられている組織はどうでしょう?
キレイゴトに聞こえるかもしれませんが、想像しただけでも上手く回りそうですよね?

ということは、大切なことなんですね。


さて、そんなモチベーション話を、「モチベーション・マネージャー」という資格の勉強をする中で改めて学び、自分の中に落としこんでいます。
組織管理やキャリア管理など、さまざまな場面に活かせます。
もちろん、自分の職業生活にも日常生活にも。

ときどき、このブログで、紹介させていただきますね。
次回、この分野のお話を書くときは、私が昔から好きな考え方である、「スモールステップの原理」について書こうと思います。

では、長々とお付き合いありがとうございました!


最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき−神奈川県の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、横浜、川崎
==============================