湘南発!社労士みやざきブログ

元【20代社労士の開業奮闘記】。 28歳で開業した社会保険労務士です。実務経験は10年超。 労務関連分野や仕事のこと、日常のことなどを綴っています。

タグ:ストレスチェック

 
気づけば2週間近くブログを更新していませんでした・・・。

ようやく社労士的大繁忙期にも終わりが見えてきました。

各種手続き自体は ほぼほぼ完了し、これからは役所から返ってくる算定の書類等の整理に時間を取られる段階になるでしょう。

この間、就業規則関係や役所調査などなど、スポットも含めたくさんの業務依頼をいただいてきましたが、それらも区切りが見え、ようやく一段落といったところです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
著書「ストレスチェック制度対策まるわかり」(共著)
好評発売中です!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、昨日、GarageVentureさん主催のストレスチェック制度関係のセミナーに、受講者として参加してきました。

こちらのGarageVentureさんは、無料のストレスチェックシステム「ストレスチェッカー」を作っている会社です。

セミナー参加の目的は、このストレスチェッカーの使い方等を聴くためでした。

無料システムとしては中々よくできているなぁ、という感覚。
ただし、従業員のメールアドレスを登録する必要があるため、従業員全員にパソコンやメールアドレスを配布している会社以外では使えないな、という現実。
製造業やサービス業では全員配布ということはなかなか無いですものね。

それでも、会社や使い方を選べば有用なシステムと言えるでしょう。

参加してよかったです。


さて、そんなセミナーが始まる前、とても驚くことが。

私はセミナーに参加するときは早めに会場に付き、できれば一番後ろに陣取ります。

で、昨日も同様にし、席に座って会場を見渡すと、2つ前に座っている方の机に見覚えのあるものが。

20151009_01
私の共著書が。

めちゃくちゃ嬉しいもので、思わず話しかけてしまいました。

自分の書いた本が誰かのお役にたてること、そしてまったく知らない方が手に取ってくださり、参考にしてくださること。
初めての感覚で、不思議な感覚。
見つけた時は鳥肌が立ちました。

このブログや様々なところで寄稿させていただいている記事も、まったく知らない方がご覧になってくださっているということも改めて感じています。

本当にありがたいことですね。

そして、いつかどこかでお会いするかもしれないこと。
とても楽しみです。
そして、世の中は不思議でいっぱいです。


恥ずかしくない仕事をしていきたいと改めて肝に銘じました。


最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき/藤沢、茅ヶ崎、辻堂、鎌倉の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、辻堂、横浜、川崎
==============================

 
この時期は入退社の手続き(雇用保険や社会保険)が激増します。
昨日は雇用保険の資格取得の手続きを50人分くらいやりました。

それで驚くことが!Σ( ̄□ ̄;

私はほとんどの手続きを電子申請で行っているのですが、なんと、ハローワーク(事務センター)からの処理完了通知が、午前2時45分に・・・。
この時期は交代制等で夜通しやっているのでしょうか・・・。

単なる残業でないとは思うのですが、、、どうなんでしょうね。
これが残業だとしたら、とんでもないことに感じます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
著書「ストレスチェック制度対策まるわかり」(共著)
好評発売中です!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、このブログでも何度も話題に出てきていますが、昨年12月に義務化された「ストレスチェック制度」

昨年、これに関連する助成金が有期で設定されていました。
(参考:当ブログ記事−2015年05月20日「ストレスチェック実施促進のための助成金。」)

この支給申請期間は、今年の1月末で終わっていたのですが、このたび、改めて「ストレスチェック実施促進のための助成金」が創設されました。

変更点は、要件とされていた「他の小規模事業場と団体を構成する」ことが不要となりました。

当時、この助成金が発表されたときに、私は最大の違和感を感じた部分だったのですが、それがなくなったことで、ずいぶんと使いやすくなったと思います。

まぁ、義務化対象外の小規模事業場がどれだけこのストレスチェック制度に興味を持つのか、そして実施するのか、という大前提部分はありますけどね。

やはり、大企業の支店や営業所、店舗などが利用しやすいというのは変わらないのでしょう。


それでは、改めて助成金の概要を記載しておきます。

1.助成金の概要

従業員数50人未満の事業場がストレスチェックを実施し、また、選任した産業医からストレスチェック後の面接指導等の産業医活動の提供を受けた場合に、事業主が費用の助成を受けられる制度。


2.助成金を受けるための要件

まず、支給要件を満たしているかの確認を受けるため、あらかじめ労働者健康安全機構への届出が必要です。

〜届出前に、次の5つの要件を全て満たしていることを必ず確認しましょう〜

]働保険の適用事業場であること。
⊂鏤50人未満の事業場であること(派遣労働者を含む)。
ストレスチェックの実施者及び実施時期が決まっていること。
(登録後3か⽉以内に⽀給申請まで終了できる実施時期となっていること)
せ唆醗紊鯀任し、ストレスチェックに係る産業医活動の全部⼜は⼀部を⾏わせること。
ゥ好肇譽好船Д奪の実施及び⾯接指導等を⾏う者は、⾃社の使⽤者・労働者以外の者であ
ること。


3.助成対象

(1)ストレスチェック

年1回のストレスチェックを実施した場合に、実施人数分の費用が助成されます。

(2)ストレスチェックに係る産業医活動

ストレスチェックに係る産業医活動について、実施回数分(上限3回)の費用が助成されます。

【ストレスチェックに係る産業医活動の例】
・ストレスチェックの実施について助言すること
・ストレスチェック実施後に面接指導を実施すること
・ストレスチェックの結果について、集団分析を行うこと
・面接指導の結果について、事業主に意見陳述をすること    など


4.助成金額

.好肇譽好船Д奪の実施

一従業員につき500円

▲好肇譽好船Д奪に係る産業医活動

一事業場あたり産業医1回の活動につき21,500円(上限3回)

※それぞれの上限額なので、実費額が上限額を下回る場合は実費額が支給されます。


5.届出・申請の期限

平成28年4月1日〜平成28年11月30日まで


その他、申請の流れなどの詳細は、労働者健康安全機構のホームページにリーフレットが掲載されておりますのでご参照ください。
http://www.johas.go.jp/Portals/0/data0/sanpo/stresscheck/download/stresscheck_leaflet.pdf



最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき/藤沢、茅ヶ崎、辻堂、鎌倉の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、辻堂、横浜、川崎
==============================

 
インフルエンザは、どうやら発症せずに済みそうです。
やっぱり、私は自然抗体を持っているのだと思います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
著書「ストレスチェック制度対策まるわかり」(共著)
好評発売中です!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、先日、当事務所が導入している社会保険労務士向けの業務ソフトを作っている会社「株式会社セルズ」様の取材を受けました。

セルズ様は愛知県の会社なのですが、わざわざ当事務所のある神奈川県、しかも藤沢市までご足労くださって恐縮でした。

取材は、業務ソフトの導入経緯や利用方法など、新しく導入を考えていらっしゃる方の検討材料としていただくためのものです。

下記がその掲載ページです。
https://www.cells.co.jp/consult/case/miyazaki

ちゃっかりと昨年出版した共著書の宣伝もさせていただいています。
20160226

しかし、私は写真を撮られるのが得意ではないため、どの写真も顔がこわばっていますね。
もっと自然な表情ができればいいのですが、、、こればかりは仕方ありません。


この企画は今回が初めてのもので、今後広げていくようですが、初回が私でよかったのでしょうか、、、とこれかた恐縮してしまいます。

これで少しでもお役に立てれば光栄です。

セルズ様にも、そして業務ソフトをご検討されている方にも。



最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき/藤沢、茅ヶ崎、辻堂、鎌倉の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、辻堂、横浜、川崎
==============================

 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
【案内】10月開催セミナー、受講者募集中!
「ストレスチェック制度導入とその後のストレスマネジメント」と題し、
二部制で開催!
第一部:「ストレスチェック制度 絶対にはずせない基本の『き』」
第二部:「不安とストレスに悩まない7つの習慣」入門講座

日時 : 2015年10月19日(月)13:45〜16:15 (受付開始13:30)
場所 : 神奈川県横浜市 「横浜情報文化センター」
費用 : 3,240円(税込)
講師 : 社労士オフィスみやざき 代表 宮崎 貴幸

申込みやその他詳細などは下記をご参照ください。
http://www.som-net.com/info/seminar/seminar_20151019.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、ついにこの日を迎えました。

そう、著書「ストレスチェック制度対策まるわかり」の発売日です。
20151009_01

先日の「現物がきて感動」にも書きましたが、執筆時のいろいろなことが思い出され、ものすごく感慨深いです。

amazonでは、さっそく在庫切れ表示になっており、ご迷惑をおかけしております。
多くの方にご注文いただけているという事でしょうか!?
ありがたい限りです。


実店舗では、神奈川県では横浜有隣堂、東京でも新宿紀伊国屋や八重洲あたりの大手書店にしかならば並ばないようですので、少しさみしい気持ちもありますが、、、私は近いうちに外出ついでに見に行こうと思います。
せっかくの機会ですしね。

もしも、たまたまどこかで並んでいるのを見つけたら、画像を送ってくださると嬉しいです。



しつこいようですが、この本は他にはない、1冊の中で産業医、社労士、看護師、産業カウンセラーの各視点から書かれた超実践本で、皆様のお役にたてることと思います。
購入特典として、産業医武神健之のセミナー動画や、Facebookグループを用意しておりますのでご活用ください。
詳しくはfacebookページ、www.facebook.com/scmaruwakariへ。


下記が著書のプロローグです。
少し長いですが、ご購入のご参考にしてください。
*************************************
プロローグ

本書を手に取っていただき、ありがとうございます。

平成27年12月から、ストレスチェック制度がはじまります。この新制度の目的は職場のメンタルヘルス対策(セルフケア)の強化徹底と、必要に応じて会社に職場環境の改善を促すことです。

ストレスチェック制度は、年に1回すべての従業員が自分のストレスやメンタルヘルスについて考えるきっかけになります。制度の実施方法ばかり考えるのではなく、この機会に会社として従業員のメンタルヘルス対策をどのようにしたいのか、そのためにストレスチェック制度をどのように活用したいのかを考えることも大切と、産業医の私は考えます。

本書は、ストレスチェック制度の対策本として、誰もが最初に手にすべき一冊というコンセプトで、産業医、労働衛生コンサルタント、看護師、特定社会保険労務士、産業カウンセラーというメンタルヘルスや労働安全衛生管理業務の専門家仲間とともに書き上げました。内容は数千人のメルマガ読者からいただいた質問や、人事・産業保健・労働安全衛生管理業務に関わる日本ストレスチェック協会の専門家たちからの質問をもとに構成されています。単なる厚生労働省の指針や法律の説明だけではなく、日常のメンタルヘルス関連業務の現場で実行可能なレベルにまで落とし込んであります。Q and Aでは、1つの質問に複数の専門家が答えていますので、幅広い考察も可能です。日々メンタルヘルスの最前線で活躍する専門家たちが考える新制度施行後の会社におけるメンタルヘルス対策のあり方への提言も盛り込んでいます。

本書を読めば、ストレスチェック制度対策は難しくありません。ストレスチェックテストの結果、補足的面談や面接指導を希望した人たちに対応することは簡単です。会社の担当者の方々にはぜひ、その先に考えていただきたいことが2つあります。

1つめは、ストレスを抱えながらも手を上げない人たちをどうするかです。ストレス・メンタルヘルスの話題がネガティブ視・タブー視されがちな組織環境ではなく、このような話題をもっと明るく楽しく前向きに、ポジティブに社内で語り合えるようになる、そのような企業文化こそが、これからは必要なのではないでしょうか。

2つめは、同じ環境で働きながらもメンタルヘルス不調にならない人たちからこそ、ストレス対策を学ぶということです。この人たちは、ストレスをどのように捉えているのでしょうか。その人たちに共通する考えや習慣を学び身につけることも、ストレス対策のセルフケアになるのではないでしょうか。

本書は、ストレスチェック制度対策本としてだけではなく、その後の会社のメンタルヘルス対策の方向性を考える上でも、現場レベルで一番実用的な内容だと自負しています。ストレスチェック制度が、会社の担当者にとって新たなストレスにならぬよう、従業員も安心して受検できるよう、本書があなたとあなたの会社のお役に立てば光栄です。

一般社団法人 日本ストレスチェック協会 代表理事 武神健之
*************************************

よろしくお願いいたします!



最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき/藤沢、茅ヶ崎、辻堂、鎌倉の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、辻堂、横浜、川崎
==============================

 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
【案内】10月開催セミナー、受講者募集中!
「ストレスチェック制度導入とその後のストレスマネジメント」と題し、
二部制で開催!
第一部:「ストレスチェック制度 絶対にはずせない基本の『き』」
第二部:「不安とストレスに悩まない7つの習慣」入門講座

日時 : 2015年10月19日(月)13:45〜16:15 (受付開始13:30)
場所 : 神奈川県横浜市 「横浜情報文化センター」
費用 : 3,240円(税込)
講師 : 社労士オフィスみやざき 代表 宮崎 貴幸

申込みやその他詳細などは下記をご参照ください。
http://www.som-net.com/info/seminar/seminar_20151019.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、先日取材を受けたものが、雑誌に掲載されました。
20150930
「月刊コンピューターテレフォニー」という、コールセンター等向けに発刊されている雑誌です。

畑違いでもあり、私は取材を受けるまでまったく存じませんでしたが、1998年に創刊され、すでに200号を発行している歴史ある雑誌です。

その「月刊コンピューターテレフォニー」でストレスチェック制度に関する特集を組むという事で、取材協力のご連絡をいただき、二つ返事で対応させていただきました。

どんな形であれ、自分の知っていること、考えていることで、誰かのお役にたてるのであれば嬉しいですしね。

紙幅には限りがあり、お伝えしたい内容がすべて載せられるわけではありませんし、言葉が切り取られることで曲がって伝わってしまうリスクもありますが、何かのヒントとして捉えていただければ幸いです。

ストレスチェック制度に関して、もっと深く知っていただくには、ぜひとも10月14日に発売となる書籍をお手に取っていただきたいと思います。
産業医・労働安全衛生担当者のためのストレスチェック制度対策まるわかり


取材は新事務所オープンの次の日で、初の来客対応でした。
雑然としている事務所で、ミーティングスペースだけはなんとか体裁を整えておいてよかったです。

そして、移転により事務所にお迎えできる体制を整えられて、本当によかったな、と思います。

基本的にお客様のところへお伺いすることがほとんどなのですが、たまに事務所に来たいという方がいらっしゃったり、個人相談や取材などでは事務所で対応できるのはとても便利です。

なければないで対応できるのですが、あるとないでは大違い、という感覚です。



最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき/藤沢、茅ヶ崎、辻堂、鎌倉の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、辻堂、横浜、川崎
==============================

 
昨日の中秋の名月は素敵でした。
今日は満月、スーパームーンですね。
昨日以上に輝くのでしょうか、楽しみです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
【案内】10月開催セミナー、受講者募集中!
「ストレスチェック制度導入とその後のストレスマネジメント」と題し、
二部制で開催!
第一部:「ストレスチェック制度 絶対にはずせない基本の『き』」
第二部:「不安とストレスに悩まない7つの習慣」入門講座

日時 : 2015年10月19日(月)13:45〜16:15 (受付開始13:30)
場所 : 神奈川県横浜市 「横浜情報文化センター」
費用 : 3,240円(税込)
講師 : 社労士オフィスみやざき 代表 宮崎 貴幸

申込みやその他詳細などは下記をご参照ください。
http://www.som-net.com/info/seminar/seminar_20151019.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、ついに著書の発売日が決定しました!
150907_01
「産業医・労働安全衛生担当者のためのストレスチェック制度対策まるわかり」(中外医学社)

発売日:2015年10月14日(水)
価 格:3,888円(税込)

amazonでは予約が始まったようです。
産業医・労働安全衛生担当者のためのストレスチェック制度対策まるわかり
また、出版社の特徴として、店頭には多くは並ばないようなので、ネット購入がいいのかもしれませんね。
自分の著書が本屋さんに並んでいるのを目にしたいところではありますが。

ストレスチェック制度にかかわる、事業主、人事労務担当、安全衛生担当の皆様、お手に取っていただけると幸いです。

この本は他にはない、1冊の中で産業医、社労士、看護師、産業カウンセラーの各視点から書かれた超実践本なので、みなさまのお役にたてることと思います。

また、ご購読くださった方には「SC制度ディスカッショングループ」(https://www.facebook.com/groups/SCmaruwakari/)も用意されているのでご活用ください!

発売日までもう少し!
お楽しみに!!
私が人一倍楽しみにしているのかもしれませんが。


以下、書籍の代表著者であり、一般社団法人 日本ストレスチェック協会 代表理事の武神健之氏からのメッセージです。
fecebookグループや購入者特典等が案内されていますので、ぜひご覧ください。
**************************************
ストレスチェック制度対策まるわかり、Amazonにて予約開始しました!
出版予定日は2015年10月14日です。
価格は3,888円(税込)。
http://bit.ly/scmaruwakari

現役で現場で活動している5人の専門家がストレスチェック制度対策を語っています。
世の中のSC制度本の中では一番実践的かつわかりやすいと自負しています。

【購読者のためのSC制度ディスカッショングループはこちら】
https://www.facebook.com/groups/SCmaruwakari/
購入した方はグループ加入を申請してください。

【購読者のために90分の特典映像があります!】
ストレスチェック制度ここだけの話(2015.9.9.第1部)
視聴のためのリンクは、上記ディスカッショングループで公開します。

【感想、コメントいただいた方にはさらに特典を用意!!】
以下どちらかで感想やコメントいただいた方は、ストレスチェック制度ここだけの話(2015.9.9.第2部)をプレゼントします。

FBでこの本の写真と感想をupしてください。
その際に、「非営利型一般社団法人 日本ストレスチェック協会」か「武神健之」か著者の誰かをタグ付けお願いします。(そうしないと気づけません。)
Amazonでカスタマーレビューをお願いします。
 そのリンクを「非営利型一般社団法人 日本ストレスチェック協会」か「武神健之」にメッセージで送ってください。
 
以上、よろしくお願いいたします。

初版在庫のなくなる前にぜひご予約、ご購入ください!
**************************************



最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき/藤沢、茅ヶ崎、辻堂、鎌倉の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、辻堂、横浜、川崎
==============================

 
夜中の三時に、津波注意報のアラームに起こされ、そのまま中々眠りにつくことができませんでした。

自然災害が続いています。
本当に怖いものですね。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
人気ブログランキングに参加しています。
 人気ブログランキングへ←いつも1日1票、応援クリックありがとうございます
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、10月19日(月)に「ストレスチェック制度導入とその後のストレスマネジメント」と題し、社労士オフィスみやざき主催でセミナーを開催いたします。
http://www.som-net.com/info/seminar/seminar_20151019.html
20150918
今回は二部構成。

まず第一部は、12月に施行される「ストレスチェック制度」の内容をお話します。
ストレスチェック制度は、導入方法により、簡単にも複雑にもできる制度です。

今回、「ストレスチェック制度 絶対にはずせない 基本の『き』」と題し、ストレスチェック制度の本筋をお話します。
枝葉末節に振り回され、幹となる部分を見失わないよう、基本に立ち返り、根本をしっかり押さえることが大切です。

現在、公的機関、民間問わず、詳細について続々と多くの情報が発出されている今、詳細の制度設計をする前に今一度基本に立ち返り、制度の根本を俯瞰で捉えましょう!


第二部は、ストレスマネジメントセミナー「不安とストレスに悩まない7つの習慣」入門講座です。

この講座では、ストレスや不安とはとはどのようなものか、「不安とストレスで悩まない技術」を身につける「実践的なセルフケア」を学びます。

講座終了時にはどなたでも、日々の生活の中でよりストレスや不安と上手に付き合う自分なりのコツを習得できます。
明るく、楽しく、前向きに、個人も組織も心の健康管理に取り組みましょう。

そして、メンタルヘルス不調で困る人が一人でも減るよう、一緒に楽しく学びましょう!

このプログラムは、 一般社団法人日本ストレスチェック協会の認定入門講座です。
同協会の代表理事で現役の産業医が年間1,000件という産業医面談を行ってきた中で生まれたもので、2割の(メンタルヘルス)不調者だけではなく、8割の元気な人を対象に開発されました。
従来のメンタルヘルス対策講座を、暗い、辛気臭い、深刻すぎという印象で敬遠されていた方に、ぜひ、おススメの内容です。

私は同協会の「シニアストレスマネジメントファシリテーター」に認定されております。

社会保険労務士として、企業の働く環境、労務管理をみてきています。
産業カウンセラーとして、企業のメンタルヘルス対策に力を入れています。
そして、それらを合わせた上で、シニアストレスマネジメントファシリテーターとして、実戦的なセルフケアをお伝えいたします。


ストレスチェック制度を導入することは、従業員がストレスと向き合う機会ができるということです。
「ストレスとはどんなものか?」「ストレスとの付き合い方は?対処方法は?」というストレスマネジメントの技術を学ぶことにより、ストレスチェック制度が単なる義務にならず、効果的になることでしょう。

ご自身のストレスマネジメントはもちろん、従業員研修も有効です。

ご興味のある方は、ぜひご参加ください!
みなさまにお会いできるのを楽しみにしております。

なお、第二部だけのご参加も大歓迎です!
(ただし、第一部のみは受け付けておりません)

セミナーの詳細やお申し込みは社労士オフィスみやざきのホームページよりお願いいたします。
http://www.som-net.com/info/seminar/seminar_20151019.html


ちなみに、過去に開催した「不安とストレスに悩まない7つの習慣」の模様はこちら(http://som-net.doorblog.jp/archives/55637728.html





最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき/藤沢、茅ヶ崎、辻堂、鎌倉の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、辻堂、横浜、川崎
==============================

 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
人気ブログランキングに参加しています。
 人気ブログランキングへ←いつも1日1票、応援クリックありがとうございます
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、ついに書籍(共著)の表紙案がきました!

150907_01
初めてカラー版を見ましたが、私だけ他の人と違うトーンが使われているようで浅黒いですね。
うまく表現されているものだなぁ、とプロの仕事に感心します。

アップにするとこんな感じ。
150907_02
周りからは「よく似ている!」と評判です。


肝心の出版予定は10月中旬ころだそうです。


さて、12月から始まる「こころの健康診断」ともいえるストレスチェック制度。

この制度への取り組み方、考え方など、産業医、看護師、社労士、産業カウンセラーが集まって、さまざまな角度から、とても実践的な本を書き上げました。
発売までもう少し間がありますが、ぜひ お楽しみに!

また、これに関連して、FBページもできましたので、よろしければ「いいね」してご覧いただけると嬉しいです。
https://www.facebook.com/scmaruwakari

さらに、書籍ご購入者向けにFBグループも作られます。
そちらは、ご購入者同士でディスカッションができる場となる予定です。
どんな場になるか、私も楽しみです。


出版されましたらぜひお手に取っていただき、皆様とFBグループ等でコミュニケーションが取れたらいいですね。



最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき/藤沢、茅ヶ崎、辻堂、鎌倉の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、辻堂、横浜、川崎
==============================

 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
人気ブログランキングに参加しています。
 人気ブログランキングへ←いつも1日1票、応援クリックありがとうございます
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、以前このブログでも、さらっとお伝えしましたが、私も参加している共著である「ストレスチェック制度」に関する実践本が秋頃に出版予定となっています。

この本は、産業医、特定社会保険労務士、保健師、産業カウンセラーが寄り合い、さまざまな角度からストレスチェック制度を見て、実践的に活用できる内容をまとめています。


で、お盆前の昨日、初校校正刷りが届きました!

封筒を開け、ボリュームと提出期限に怯んだ昼。
少しでもいいものをお届けできるよう、お盆期間もがんばります。

元々、当事務所は、このお盆期間の休みはありませんでした。
私としてもやりたいことがありましたしね。

が、この校正にガッツリと時間を割く必要がありそうです。
20150812
提出締切が来週で、予定もちょいちょい詰まっているので、今週末までが山場かもしれません。

それにしても、頑張って書いた原稿が、こうやって形になって出てくると、実感が湧いてくるものですね。
とても嬉しく、テンションが上がります。

また、Q&Aの章では、似顔絵まで作ってくれて、その出来栄えも嬉しい限りです。
若めに書いてくれてますしね。
よく特徴をつかんでいるなぁ、と思います。
似顔絵をかける人って、ホントすごいと思います。


さて、もうひと踏ん張りすれば、この原稿も私の手を離れます。

そして、皆様のお手元に届けれられる形になってくるのでしょう。
それが10月なのか11月なのかがまだ見えていませんが。

このあたりのスケジュールも確定しましたら、タイトルなどなど詳細についてもお伝えいたしますね。




最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき/藤沢、茅ヶ崎、辻堂、鎌倉の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、辻堂、横浜、川崎
==============================

 
************************************************
【6月開催セミナー、受講者募集中!】
一緒にストレスマネジメント、実践的セルフケアを学びませんか?

「不安とストレスに悩まない7つの習慣」

日時 : 2015年6月13日(土)10:00〜11:30 (受付開始 9:40)
場所 : 神奈川県横浜市 「横浜情報文化センター」
費用 : 3,240円(税込)
講師 : ストレスマネジメントファシリテーター 宮崎 貴幸

申込みやその他詳細などは下記をご参照ください。
http://www.som-net.com/info/seminar/seminar_20150613.html
************************************************

さて、昨日5月7日、厚生労働省より、今年12月に施行されるストレスチェック制度の義務化に関する、実施マニュアルやQ&Aの最新版が公表されました。

下記ホームページに掲載されていますのでご参照ください。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei12/

Q&Aは細にわたり62問。

実施マニュアルは実に171頁でできています。

読み込むのも、印刷することすら気が滅入るかもしれませんが、、、それを乗り越えて読んでみると、会社の衛生委員会で審議する内容や決め方、ストレスチェック制度の運用・実施方法など、実務に則って書かれていますので、制度導入するにはとても大切なマニュアルと言えるでしょう。

高ストレス者の選定基準についても載っています。(35頁以降)
が、私にはうまく理解できず。
というのも、ストレスチェックテストの項目ごとに点数等が割り振られていたり、それをもとに各種計算をしたり等、素人には非常に難しいものがあります。
この辺りは、システムとうまく付き合いながらやっていくことが肝要ですね。
国からも無料のシステムが提供される予定ですので、まずはそれを見てみるのもいいと思います。

馴染みのないEAP会社等のいいなりになるのだけは避けた方がいいかもしれません。
(もちろん、元々の付き合いがあったり、自社にとって使いやすく、魅力的なものであれば歓迎でしょうが。)

まずは枠組みを理解するために、公表されている法令、指針、そしてこのマニュアルやQ&Aなどを読み込んでください。
その上で対応策を練るといいでしょう。

もしそれが難しいようでしたら、専門家に相談することも一つの手段です。

私は社会保険労務士であり、産業カウンセラーです。
衛生委員会等で制度導入検討の際のアドバイザーとしてお力になることもできますので、お気軽にお声掛けくださいね。

ちなみに、私がストレスマネジメントファシテーリター™として認定を受けている「一般社団法人 日本ストレスチェック協会」では、5月28日に現在発出されている情報をもとに、2名の産業医と1名の社会保険労務士(第一種衛生管理者)が「ストレスチェックテスト指針発表後、ここだけの話」と題してセミナーを行います。

下記URLに詳細や申込みがありますので、ご興味のある方はご一覧ください。
http://jsca.co.jp/20150528seminar/

私は講師ではありませんが、当日参加する予定です。

やはり餅は餅屋で、その道に精通した専門家の支援を受けることは大切ですね。

20150508



最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき/藤沢、茅ヶ崎、辻堂、鎌倉の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、辻堂、横浜、川崎
==============================

このページのトップヘ