湘南発!社労士みやざきブログ

元【20代社労士の開業奮闘記】。 28歳で開業した社会保険労務士です。実務経験は10年超。 労務関連分野や仕事のこと、日常のことなどを綴っています。

カテゴリ:労働/社会保険

 
今年の夏は暑すぎますね。
熱中症や夏バテ、夏負けにはくれぐれもご注意くださいね。
食欲も落ちるでしょうが、食べてなんぼです!
私は食べ過ぎか。。。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
著書「ストレスチェック制度対策まるわかり」(共著)
好評発売中です!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、先日、お客様の総合調査(年金事務所による事業所調査)の対応をしてまいりました。
数年に1回くらいで当たるような確率ですが、、、同じところがピックアップされることが多い気がします。。。

で、今回、ややこしい流れになったので、自分の備忘録的にも記しておこうと思います。

お客様は法人格を持った協同組合(事業所の集まり)です。
で、理事は各事業所の方々が務め、代表理事は持ち回り。
協同組合の業務にはほぼ関与せず、従業員となる事務方さん達が回しています。
理事は月に1〜2回程度、1回につき1〜2時間程度集まります。
で、報酬は僅少ながら支給されます。

こんな前提。

そして、今回の総合調査で、直球な指摘をされました。
「代表理事について、この協同組合で資格取得しなさい」、と。
すでに自らの会社で取得しているので、要は「二以上事業所勤務」の届をしなければならないこととなります。

理由は、「法人」の「代表」で「報酬がある」から。

前述の事業や経営への関与具合、ほとんど事業所には来ない、などを説明しても聞く耳すら持ってもらえない。
報酬はあれど事務方さん達の賃金と比べても明らかに少ない、って言ってもダメ。

「法人」の「代表」で「報酬がある」場合は、すべて適用対象となる、の一点張り。

もうね、何を話しても無駄なので、「好きなように指導書を書いていいですよ」と伝えました。
ここで話しても無駄なので、指導書を出させ、それに基づいて主張をまとめたり資料を引っ張ったりしよう、と思いまして。

で、事務所に戻ってさっそく資料や情報を集める作業。
まとめたうえで、担当者に電話。

まずは下記の2014年に年金機構から示された内容を伝えます。
−−−−−−−−−−−−−
【日本年金機構本部から示された判断材料】
労務の対償として報酬を受けている法人の代表者又は役員かどうかについては、その業務が実態において法人の経営に対する参画を内容とする経常的な労務の提供であり、かつその報酬が当該業務の対価として当該法人より経常的に支払を受けるものであるかを基準として判断されたい。

判断の材料例
1.当該法人の事業所に定期的に出勤しているかどうか。
2.当該法人における職以外に多くの職を兼ねていないかどうか。
3.当該法人の役員会等に出席しているかどうか。
4.当該法人の役員への連絡調整又は職員に対する指揮監督に従事しているかどうか。
5.当該法人において求めに応じて意見を述べる立場にとどまっていないかどうか。
6.当該法人等より支払いを受ける報酬が、社会通念上労務の内容に相応したものであって実費弁償程度の水準にとどまっていないかどうか。

なお、上記項目は、あくまで例として示すものであり、それぞれの事案ごとに実態を踏まえ判断されたい。
−−−−−−−−−−−−−

また、日本年金機構の疑義照会にある内容も伝えました。

これに基づき、お客様の状況や実態、組合の特性などなどを改めて主張。
そして、出された指導書の内容が短絡的で雑過ぎる、と。

すると、担当者は、やはりこれらの情報については知らず、出所を知りたい、と。
ある程度伝えましたが、あくまでも年金機構から出されているもの。
「組織内のものなのだから、詳細な出所はそちらの方が詳しいのでは?」と伝え、確認後連絡が欲しい、と電話を終えました。

で、数時間後に折り返しがあり、「確かに総合判断が必要」とのことで、改めて内部で検討する、となりました。

2日後、改めて電話があり、結果、総合考慮したうえで、「今回のケースでは、代表理事が加入しないことは問題ない」となって、指導は取消し。


いやはや、無事に収束できて良かったです。。。

こちらとしても理論武装等して対応いたしましたが、なんせ「明確な基準」がないため、どちらに転ぶかは最終的には年金事務所の判断によるものなので、最後までドキドキでしたが、、、なんとか無事な方に転んで
ホントに良かったです。

それにしても、こうやって社労士が間に入っていないで、同様の指導がなされた場合、事業所にとって不利益なこととなっていた可能性が高いですよね。
これは怖いことです。。。

少しでもお力になれて良かった。

って、さっきから「良かった」ばかり書いていますが、ホントに良かった。

以上、備忘録的投稿でした。


最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき/藤沢、茅ヶ崎、辻堂、鎌倉の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、辻堂、横浜、川崎
==============================
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 
我が家の、通称「ベランダ農園」でイチゴを育てていたのですが、、、何を思ったのか、いまさら実をつけました。
しかも、そこそこ立派!!Σ( ̄□ ̄;)
20180608
この天邪鬼は誰に似たのでしょう。。。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
著書「ストレスチェック制度対策まるわかり」(共著)
好評発売中です!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、私の利用している社労士用業務ソフトにおいて、労働保険料申告(年度更新)システムが更新され、今年度バージョンになったことを機に、さっそく今日、ガツガツと申告しまくっています。

で、、、驚くのは、その返りの早さ。

通常、どんなに早くても1日程度はかかるかな、という電子申請ですが、、、

なんと!

申請後、5分程度で完了通知が届きました。

人員を増員して対応しているのでしょうかね!?
それとも、すべて自動なのでしょうか??

でも、早いのは神奈川労働局の分だけ。

東京労働局は、いくぶん時間がかかるようです。

役所からの返りが早いのは とっても嬉しいことですが、気がせかされるようで、なんだか落ち着きません。

って、あれもこれも勝手なわがままですね。

ということで、今年の年度更新もスムーズにいきそうです。

で、それが落ち着いたら、すぐに社会保険の算定準備をしなければ。


最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき/藤沢、茅ヶ崎、辻堂、鎌倉の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、辻堂、横浜、川崎
==============================
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 
今日は、自分の備忘録的内容です。
ここにまとめておくと便利なときもあるので。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
著書「ストレスチェック制度対策まるわかり」(共著)
好評発売中です!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、今月から年金機構でのマイナンバー(個人番号)の取り扱いも始まり、各種様式も大幅に変更されました。
http://www.nenkin.go.jp/oshirase/taisetu/2018/201802/2018022001.html

その様式には、マイナンバーまたは基礎年金番号を記載して届け出ることになっています。

原則はマイナンバーとされていますが、基礎年金番号でも(当面?)問題なく受け付けられます。

そこでふとした疑問を持っていました。

「基礎年金番号で届け出た被保険者で、後日『やっぱりマイナンバーも届け出よう』となったとき、何か様式があるのかな?」

その疑問を解消すべく、様々な通知や資料を調べていたのですが、うまくたどり着けませんでした。

そして、数か所の年金事務所に確認したところ、ようやく取り扱いが解明しました。

「基礎年金番号で届け出ると、年金機構のシステム上でマイナンバーと結び付けられるので、別途の届出は不要!」

いやはや、スッキリ。

そんな簡単なことになっていたのですね。

であれば、あえて取り扱いの難しいマイナンバーを無理に記載しなくてもいいんですよね。
(もちろん、原則はマイナンバー記載でしょうが。)

そして、万一、年金機構での結び付けができなかった場合、年金機構から該当者について確認の連絡が来るようです。

これは助かりますね。

年金機構でのマイナンバー取り扱いの話が出てから、ずっと疑問に思っていたことが解消され、ものすごいスッキリ感があります。

ただ、健康保険組合での取り扱いはまったく別なので、健保組合加入事業所では個別に確認する必要があります。
年金機構のように自動的に結び付けが行われないので、届け出なければならないでしょうが。


さて、マイナンバーに関してはもうひとつ。

雇用保険での取り扱いの厳格化が為されます。
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/20180309hoken_2.pdf
記載しないと返戻する、ということまでうたわれています。

非常に厳しい取り扱いですが、これまでが緩すぎたのかな?という感もあります。
年金機構での本格的な取り扱いに合わせて厳格化するという流れでしょう。

ただ、実際にどうするのか、どうなるのかはまだまだはっきりしたことが見えていません。
本当に返戻されるのか?とか。
従業員が提出拒否するときは、その証明を添付するのかな?とか。

ただ、絶対に必要、ということを前提に動いておいて、どうしても取れないとき、どうしても記載できないときには都度対応する形を作っておけば間違いないのでしょうね。

あと、雇用保険には、別途マイナンバーを届け出る書式があります。
個人番号登録・変更届出書
これを使うシーンも増えるのかもしれませんね。

さて、制度が導入されてから数年経って、各方面にて本格運用され始めたマイナンバー。
様々な壁を乗り越えて、できるだけ扱いやすい流れができるといいな、と思います。

ということで、備忘録的なお知らせでした!



最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき/藤沢、茅ヶ崎、辻堂、鎌倉の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、辻堂、横浜、川崎
==============================
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 
花粉がけっこう飛んでいる気がします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
著書「ストレスチェック制度対策まるわかり」(共著)
好評発売中です!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、協会けんぽにおける、平成30年度の健康保険料率が正式に決定いたしました。

健康保険料率は都道府県ごとに定められており、当事務所が主に対応している神奈川県および東京都は次の通りです。

【神奈川県】

9.93%のまま据え置き

【東京都】

(旧)9.91%
    ↓
(新)9.90%


神奈川は据え置き、東京は引き下げですが、全国を見渡すと、上がるところ下がるところとまちまちです。


そして、全国統一の介護保険料率は、下記のとおり引き下げとなりました。

(旧)1.65%
    ↓
(新)1.57%



なお、保険料率の改定は3月分(4月納付分)からとなりますのでご留意ください。(通常は、4月に支給する賃金から控除する分から変更します。)

その他、全国の保険料率をご覧になりたい方は、下記協会けんぽホームページを参照してください。
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat330/sb3150/h30/h30ryougakuhyou3gatukara



これで、各種保険料率が見えました。

先日お伝えしたとおり、雇用保険は据え置き。
そして、労災保険料率も変更されます(キレイな保険率表が発出された時点で、このブログにも書きますね)。

給与計算や予算立ての際にはお気を付けくださいね。


最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき/藤沢、茅ヶ崎、辻堂、鎌倉の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、辻堂、横浜、川崎
==============================
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 
明日の天気予報で、関東地方に雪マーク。

午後から社労士会の「倫理研修」に行かなければならないので、降らないで欲しいものなのですが、、、どうですかね。
この「倫理研修」は、5年に1度、必ず受けなければいけないもので、その名のとおり職業倫理を学ぶもの。

大切なのはわかるのですが、大雪(たいせつ)だけは勘弁です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
著書「ストレスチェック制度対策まるわかり」(共著)
好評発売中です!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、平成30年度の雇用保険料率が正式に決定しました。

今年度と変わらず、です。

よって、4月からも給与計算には影響が出ず、このままの設定でいけますね。

雇用保険料率を、改めて掲載しておきますね。

【一般の事業】
0.9% (会社負担:0.6%、従業員負担:0.3%

【建設の事業】
1.1% (会社負担:0.7%、従業員負担:0.4%

【農林水産、清酒製造の事業】
1.2% (会社負担:0.8%、従業員負担:0.4%


つまり、雇用保険に加入している従業員の賃金から控除する率が、たとえば一般の事業であれば【総支給額 × 0.3%】となるわけです。

ここ最近は毎年変更になってきましたが、久しぶりの据え置きです。
雇用環境が改善している中での据え置きなので、このあたりが下限になるのかもしれませんね!?


厚生労働省のリーフレットは下記をご参照ください。
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000192647.pdf



最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき/藤沢、茅ヶ崎、辻堂、鎌倉の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、辻堂、横浜、川崎
==============================
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
著書「ストレスチェック制度対策まるわかり」(共著)
好評発売中です!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、昨日、読売新聞等メディアで、海外法人を使った社会保険料逃れの実態が報道されました。

これは、国内で事業を行っている会社が、香港にペーパーカンパニーを作り、従業員を転籍や出向させます。
そして、賃金の一部をその会社から支払わせることにより、国内の会社での賃金を低く抑え、その結果、社会保険料の設定を低くする、という手法です。

例えば、本来30万円の賃金で、これに社会保険料がかかるところ、国内15万円、海外15万円という具合に賃金を分けることで、国内支給の15万円のみを社会保険料の算定元にして届け出る、というものです。

これを会社単体でやるということは考えづらいものです。
これには経営コンサルタントが絡んでいたり、一部では社労士からの提案があったなどとも報じられています。

今回報道されている海外会社を使った手法に対し、厚生労働省からは通達が出されています。
(年管管発0830第5号 平成29年8月30日)
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T170925T0020.pdf#search=%27%E5%B9%B4%E7%AE%A1%E7%AE%A1%E7%99%BA0830%E7%AC%AC5%E5%8F%B7%27
2017092601
2017092602
2017092603

ざっくり言うと、厳しく取り締まる、という内容です。

こうなると、当然、この手法を使っていない会社の調査も強化されるわけで。
ん〜、”一部”の”ズル賢い”人たちのおかげで、まっとうなことをやっている会社も時間と手間を取られるのもスッキリしないですね。

これ以外にも、不当な社会保険料逃れともいえる、様々な「社会保険料削減」の手法があるようで、ときどき目にし、耳にしますが、、、いろいろなことを考えるものですね・・・。
結局はイタチごっこですが。

ただ、そもそも、社会保険料が高すぎる(と感じられる)ことが原因だし、その負担を減らしたい気持ちを汲んでビジネスにする人がいるんですよね。
会社が負担を減らしたいのは当然でしょうから、その気持ち自体は悪いことではないと思います。
が、小手先のテクニックだけを使って、ちょいちょいやっても、結局はあまりうまくいかないだろうし、余計な時間や労力を使うんだろうな、とも感じます。

なんだか、スッキリしないお話でした。


最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき/藤沢、茅ヶ崎、辻堂、鎌倉の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、辻堂、横浜、川崎
==============================
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
著書「ストレスチェック制度対策まるわかり」(共著)
好評発売中です!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、平成29年9月に厚生年金保険料率が改定されます。

毎年9月分保険料(10月納付)から、厚生年金保険料率が0.354%(労使折半)ずつ上がることとなっています。

そして、最終的に、平成29年9月に【18.30%】となる予定です。

・・・そうです!今年で最後なんです!!

平成16年からなが〜く続いてきた増率も”とりあえず?”今年で終わりです。
これで打ち止めになってくれればいいのですけどね。

って、上げない分、受給を先延ばしにしたり、減らしたり、なんてことをしないといいのですが。。。


さて、今回の改定は下記のとおりです。

(旧) 18.182%(会社:9.091%、従業員:9.091%)

    ↓

(新) 18.30%(会社:9.15%、従業員:9.15%)



改定に伴い、全国健康保険協会(通称、協会けんぽ)から新しい保険料額表が公表されました。

以下、協会けんぽのサイトをご参照ください。
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat330/sb3150/h29/h29ryougakuhyou9gatukara

当事務所では、毎年、この協会けんぽのサイトをお知らせしておりますが、「厚生年金の話なのに協会けんぽ?」と思うことなかれ。
健康保険料率に変更はないのですが、日本年金機構から出されるものよりも断然見やすいのでお勧めです。

日本年金機構のものは年金の料率のみの表なのですが、協会けんぽのものは健康保険と年金の両方を一つの表にまとめているので、社会保険料全体を把握することができるんです。

また、健康保険料率は都道府県ごとに設定されているので、各県ごとに作られているのも嬉しい配慮ですね。


さて、この新しい保険料額表が適用されるのが、9月の保険料(10月末納付分)となります。
多くの会社では翌月控除を行っていますので、10月払いの給与分から変更となるでしょう。(一部、同月控除の会社の場合は、同月に変更してください。)

また同時に、7月に手続きを行った「算定基礎届」の結果も適用され、標準報酬月額が変更となる方もいると思いますので再度ご確認の上、給与ソフト等の変更をしてくださいね。

4〜6月昇給での標準報酬月額変更が絡んでいる場合は、間違いやすいので注意も必要です。



最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき/藤沢、茅ヶ崎、辻堂、鎌倉の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、辻堂、横浜、川崎
==============================
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

今日から4月!
新年度ですね。
ここ湘南地域は、あいにくの雨模様でのスタートですが、「4月」「新年度」と耳にすると、なんだか自然とワクワクします。

今年度も張り切ってまいります!

と、珍しく、事務作業で休日出動している今日。
やはり、年度替わりはバタバタですね。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
著書「ストレスチェック制度対策まるわかり」(共著)
好評発売中です!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、2月に当ブログで「平成29年4月から雇用保険料が引き下げか?」という記事を書きました。

そして、昨日、3月31日、ようやくもようやく、改正雇用保険法が国会で可決・成立しました。
年度内ギリギリもいいところですね。。。

これにより、雇用保険に関することがいくつか改定されるのですが、その中でも、直近で対応が必要なのが「雇用保険料率」の改定です。

下記のように変わりますので、給与計算の際はご注意ください。

【一般の事業】
(現行):1.1% (会社負担:0.7%、従業員負担:0.4%)
   ↓
(改定):0.9% (会社負担:0.6%、従業員負担:0.3%)

【建設の事業】
(現行):1.4% (会社負担:0.9%、従業員負担:0.5%)
   ↓
(改定):1.1% (会社負担:0.7%、従業員負担:0.4%)

【農林水産、清酒製造の事業】
(現行):1.3% (会社負担:0.8%、従業員負担:0.5%)
   ↓
(改定):1.2% (会社負担:0.8%、従業員負担:0.4%)



つまり、雇用保険に加入している従業員の賃金から控除する率が、たとえば一般の事業であれば【総支給額 × 0.3%】となるわけです。

変更は、【4月に締日が来る賃金】からとなります。


雇用保険法の改正はいつも年度ギリギリ(超えた年もありましたが・・・)。
それでも、保険料率が下がるのはいいことですね。

給与計算の際は間違いの内容にお気を付けくださいね。



最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき/藤沢、茅ヶ崎、辻堂、鎌倉の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、辻堂、横浜、川崎
==============================
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 
今日から、私の生まれ月3月!
花粉症の私はこの月を心から楽しんだことがありませんが・・・。

それでも、気候は一歩一歩、着実に春に近付いていますね。

あっという間に桜の時期になるのでしょう。

お花見自体は楽しめませんが、桜の季節は大好きです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
著書「ストレスチェック制度対策まるわかり」(共著)
好評発売中です!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、3月になったということで、先日、このブログでもお知らせしましたとおり、協会けんぽにおける健康保険料率と介護保険料率が改定されます。
(参照「健康保険料率はダウン、介護保険料率はアップ、合計はどちら?」)

新しい保険料額表が、協会けんぽのホームページに掲載されていますのでご覧ください。
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat330/sb3150/h29/h29ryougakuhyou

都道府県別で定められておりますので、加入している都道府県を間違えないようにしてくださいね。

なお、健康保険組合に加入している事業所は、加入している健康保険組合にお問い合わせください。
基本的に、どの健康保険組合もこのあたりの時期に改定が行われるはずです。


今日の新聞で、国民健康保険事業が相変わらずの赤字だと報じられていました。
私は国保加入者なので、さらなる保険料UPがされることに気が気じゃありません。


最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき/藤沢、茅ヶ崎、辻堂、鎌倉の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、辻堂、横浜、川崎
==============================
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 
ここ湘南地区は雪こそ降っていないものの、めちゃくちゃ寒いです・・・。
冬ですね。

って、これで寒いと言っていたら、他の地域の方々に叱られそうですね。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
著書「ストレスチェック制度対策まるわかり」(共著)
好評発売中です!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、協会けんぽにおける、平成29年度の健康保険料率が2月7日に正式に厚生労働大臣に認可されました。

健康保険料率は都道府県ごとに定められており、当事務所が主に対応している神奈川県および東京都は次の通りです。

【神奈川県】

(旧)9.97%
    ↓
(新)9.93%

【東京都】

(旧)9.96%
    ↓
(新)9.91%


両者とも引き下げとなりました。

しかし、介護保険料については、介護給付費が年々増加していることに伴い、協会けんぽが負担しなければならない額(介護納付金)も増加し、引き上げとなります。
介護保険料率は全国一律です。

(旧)1.58%
    ↓
(新)1.65%

つまり、健康保険料率は下がるものの、介護保険料率は上がるという図式です。

介護保険料は40歳〜64歳の方が負担するものですので、40歳未満の方の負担は減りますが、40歳〜64歳の方の負担は増えることとなります。

なお、保険料率の改定は3月分(4月納付分)からとなりますのでご留意ください。(通常は、4月に支給する賃金から控除する分から変更します。)

これで、今年度の各種保険料率が見えてきたこととなります。
それぞれ、改定する月が違いますので、給与計算の際はお間違えのないようにお気を付けください。

ちなみに、全額会社負担の「子ども・子育て拠出金」も変更(0.23%)となる見込みです。

その他、全国の保険料率をご覧になりたい方は、下記協会けんぽホームページを参照してください。
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat330/sb3130/h29/290210



最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき/藤沢、茅ヶ崎、辻堂、鎌倉の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、辻堂、横浜、川崎
==============================
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ