公私ともども、新型コロナウイルスに振り回される日々が続きますね。

こんなときこそ、地に足付けて、ひとつひとつ慎重に考え、丁寧に行動していきたいものです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
著書「ストレスチェック制度対策まるわかり」(共著)
好評発売中です!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、そんな新型コロナウイルスの影響が長期化し、また深刻化しているため、「雇用調整助成金」の特定措置が拡充されることとなりました。

1.対象となる事業主の拡大

新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業主(全業種)

2.生産指標要件の緩和

1か月5%以上低下

3.対象者の拡大

雇用保険被保険者でない労働者の休業も助成金の対象に含める

4.助成率の引き上げ

4/5(中小)、2/3(大企業)
※解雇等を行わない場合は9/10(中小)、3/4(大企業)

5.計画届

計画届の事後提出を認める(1月24日〜6月30日まで)

6.支給限度日数

1年100日、3年150日+上記対象期間


その他、上記の拡充にあわせて、短時間一斉休業の要件緩和、残業相殺の停止、支給迅速化のため事務処理体制の強化、手続きの簡素化も行われるとのこと。

上記の拡充に関する内容は、厚生労働省サイトをご参照ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10551.html
手続き詳細などは、これから発出されていくものと思います。


雇用調整助成金の詳細自体は、下記の厚労省サイトをご参照ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07.html


厳しい状況が続くものと思われます。

雇用調整助成金の手続き自体も一筋縄にはいきませんが、必要な人に必要なだけ、届きますように。


この助成金に関するお問い合わせは、管轄の労働局またはハローワークへ。



最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき/藤沢、茅ヶ崎、辻堂、鎌倉の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、辻堂、横浜、川崎
==============================