−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
著書「ストレスチェック制度対策まるわかり」(共著)
好評発売中です!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、毎年、3〜4月は各種保険料の改定時期となります。
2019年度(平成31年度)の状況は次のとおりとなりますので、給与計算等で間違いの内容にチェックしてください。

◆健康保険料率(協会けんぽ)

健康保険料率は都道府県ごとに定められており、当事務所が主に対応している神奈川県および東京都は次のとおりです。

【神奈川県】

(旧)9.93%
    ↓
(新)9.91%

【東京都】

9.90%のまま据え置き

神奈川は引き下げ、東京は据え置きです。全国を見渡すと、引き上げ22、据え置き7、引き下げ18、となり、神奈川、東京は全国でも保険料率が低い部類に属します。

◆介護保険料率(協会けんぽ)

介護保険料率は全国統一です。次のとおり引き上げとなりました。

(旧)1.57%
    ↓
(新)1.73%

なお、健康保険料率および介護保険料率の改定は3月分保険料(4月納付分)からとなりますのでご留意ください。
その他、全国の保険料率をご覧になりたい方は、協会けんぽホームページを参照してください。
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat330/sb3150/h31/h31ryougakuhyou3gatukara

◆子ども・子育て手当拠出金

厚生年金の適用事業所が、「児童手当」の財源として負担しています。(全額会社負担)

(旧)0.29%
     ↓
(新)0.34%(予定)

子ども・子育て拠出金の計算方法は、社会保険加入者の標準報酬月額に料率を掛けて算出されます。
4月分(5月納付分)から改定される予定となります。

◆雇用保険料率

据え置き

◆労災保険料率

据え置き


ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。



最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき/藤沢、茅ヶ崎、辻堂、鎌倉の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、辻堂、横浜、川崎
==============================