今日から4月!
新年度ですね。
ここ湘南地域は、あいにくの雨模様でのスタートですが、「4月」「新年度」と耳にすると、なんだか自然とワクワクします。

今年度も張り切ってまいります!

と、珍しく、事務作業で休日出動している今日。
やはり、年度替わりはバタバタですね。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
著書「ストレスチェック制度対策まるわかり」(共著)
好評発売中です!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、2月に当ブログで「平成29年4月から雇用保険料が引き下げか?」という記事を書きました。

そして、昨日、3月31日、ようやくもようやく、改正雇用保険法が国会で可決・成立しました。
年度内ギリギリもいいところですね。。。

これにより、雇用保険に関することがいくつか改定されるのですが、その中でも、直近で対応が必要なのが「雇用保険料率」の改定です。

下記のように変わりますので、給与計算の際はご注意ください。

【一般の事業】
(現行):1.1% (会社負担:0.7%、従業員負担:0.4%)
   ↓
(改定):0.9% (会社負担:0.6%、従業員負担:0.3%)

【建設の事業】
(現行):1.4% (会社負担:0.9%、従業員負担:0.5%)
   ↓
(改定):1.1% (会社負担:0.7%、従業員負担:0.4%)

【農林水産、清酒製造の事業】
(現行):1.3% (会社負担:0.8%、従業員負担:0.5%)
   ↓
(改定):1.2% (会社負担:0.8%、従業員負担:0.4%)



つまり、雇用保険に加入している従業員の賃金から控除する率が、たとえば一般の事業であれば【総支給額 × 0.3%】となるわけです。

変更は、【4月に締日が来る賃金】からとなります。


雇用保険法の改正はいつも年度ギリギリ(超えた年もありましたが・・・)。
それでも、保険料率が下がるのはいいことですね。

給与計算の際は間違いの内容にお気を付けくださいね。



最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき/藤沢、茅ヶ崎、辻堂、鎌倉の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、辻堂、横浜、川崎
==============================