この時期は入退社の手続き(雇用保険や社会保険)が激増します。
昨日は雇用保険の資格取得の手続きを50人分くらいやりました。

それで驚くことが!Σ( ̄□ ̄;

私はほとんどの手続きを電子申請で行っているのですが、なんと、ハローワーク(事務センター)からの処理完了通知が、午前2時45分に・・・。
この時期は交代制等で夜通しやっているのでしょうか・・・。

単なる残業でないとは思うのですが、、、どうなんでしょうね。
これが残業だとしたら、とんでもないことに感じます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
著書「ストレスチェック制度対策まるわかり」(共著)
好評発売中です!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、このブログでも何度も話題に出てきていますが、昨年12月に義務化された「ストレスチェック制度」

昨年、これに関連する助成金が有期で設定されていました。
(参考:当ブログ記事−2015年05月20日「ストレスチェック実施促進のための助成金。」)

この支給申請期間は、今年の1月末で終わっていたのですが、このたび、改めて「ストレスチェック実施促進のための助成金」が創設されました。

変更点は、要件とされていた「他の小規模事業場と団体を構成する」ことが不要となりました。

当時、この助成金が発表されたときに、私は最大の違和感を感じた部分だったのですが、それがなくなったことで、ずいぶんと使いやすくなったと思います。

まぁ、義務化対象外の小規模事業場がどれだけこのストレスチェック制度に興味を持つのか、そして実施するのか、という大前提部分はありますけどね。

やはり、大企業の支店や営業所、店舗などが利用しやすいというのは変わらないのでしょう。


それでは、改めて助成金の概要を記載しておきます。

1.助成金の概要

従業員数50人未満の事業場がストレスチェックを実施し、また、選任した産業医からストレスチェック後の面接指導等の産業医活動の提供を受けた場合に、事業主が費用の助成を受けられる制度。


2.助成金を受けるための要件

まず、支給要件を満たしているかの確認を受けるため、あらかじめ労働者健康安全機構への届出が必要です。

〜届出前に、次の5つの要件を全て満たしていることを必ず確認しましょう〜

]働保険の適用事業場であること。
⊂鏤50人未満の事業場であること(派遣労働者を含む)。
ストレスチェックの実施者及び実施時期が決まっていること。
(登録後3か⽉以内に⽀給申請まで終了できる実施時期となっていること)
せ唆醗紊鯀任し、ストレスチェックに係る産業医活動の全部⼜は⼀部を⾏わせること。
ゥ好肇譽好船Д奪の実施及び⾯接指導等を⾏う者は、⾃社の使⽤者・労働者以外の者であ
ること。


3.助成対象

(1)ストレスチェック

年1回のストレスチェックを実施した場合に、実施人数分の費用が助成されます。

(2)ストレスチェックに係る産業医活動

ストレスチェックに係る産業医活動について、実施回数分(上限3回)の費用が助成されます。

【ストレスチェックに係る産業医活動の例】
・ストレスチェックの実施について助言すること
・ストレスチェック実施後に面接指導を実施すること
・ストレスチェックの結果について、集団分析を行うこと
・面接指導の結果について、事業主に意見陳述をすること    など


4.助成金額

.好肇譽好船Д奪の実施

一従業員につき500円

▲好肇譽好船Д奪に係る産業医活動

一事業場あたり産業医1回の活動につき21,500円(上限3回)

※それぞれの上限額なので、実費額が上限額を下回る場合は実費額が支給されます。


5.届出・申請の期限

平成28年4月1日〜平成28年11月30日まで


その他、申請の流れなどの詳細は、労働者健康安全機構のホームページにリーフレットが掲載されておりますのでご参照ください。
http://www.johas.go.jp/Portals/0/data0/sanpo/stresscheck/download/stresscheck_leaflet.pdf



最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき/藤沢、茅ヶ崎、辻堂、鎌倉の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、辻堂、横浜、川崎
==============================