−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
人気ブログランキングに参加しています。
 人気ブログランキングへ←いつも1日1票、応援クリックありがとうございます
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、私は大学を卒業して、すぐに社会保険労務士になったわけでもなく、社労士事務所で働いていたわけでもなく、一民間企業の会社員として働いていました。

人事・労務とはまったく別の仕事を経験し、そして最終的には自らの希望もあって人事部へ配属されました。

4年間という短い期間であったものの、そこでの経験は今でも自分の社会人としての根底を形成する重要な要素となっています。
立ち居振る舞いであったり、考え方であったり。
はたまた、上司や先輩、同期という「人」との出会いも大切なものです。

いつの間にか、社会人になって15年目。
36歳になりました。

すると、この4月からもっとも仲の良い同期の一人が課長へ昇進しました。
とてもおめでたいことですし、私自身も嬉しく感じました。

当時の同期も続々と管理職(課長職)に就き始めています。
早い人では数年前から。

自分もこの組織にいたら、管理職に就く年齢であり、ポジションなんだな、と気づかされます。

たくさんいた同期も、会社に残っているのは半数もいかず、みんな転職だったり独立だったり、それぞれの道で自分の活躍の場所を見つけているでしょう。

私も組織を離れ、独立独歩で仕事をしていても、「組織感覚」は忘れずにいくことを肝に銘じています。

私が相談対応させていただくお客様は、「会社」という組織だったり、「会社で働く人」がメインなので、とても大切で忘れてはいけない感覚です。

前出の同期とは、年に何度かは、飲みに行ったり、子供も含めて家族で会ったりしていますが、会うたびに何かしらの気づきをさせてくれる大切な友達。
「私が組織内にいたらこんな立ち位置にいるのだろうな」という現実感覚も与えてくれます。


やはり、社会保険労務士として、会社の人事・労務という「人」に関する仕事をする以上、アンテナは感度良好にし、視野を広くしておくことがとても大切ですね。


と、ふと思い出した朝でした。

5時に起きると雨がザーザー降っていてまだ弱まる気配もありませんが、、、
張り切って参りましょう。


最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき/藤沢、茅ヶ崎、辻堂、鎌倉の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、辻堂、横浜、川崎
==============================