今日は、娘の保育園初日。
朝から預けてきたのですが、、、わかってはいたものの、大泣きに泣いて、遠くまで呼ぶ声が聞こえるほど。
ものすごく胸が痛く、心配と罪悪感でいっぱいになってしまいました。
親のエゴで、、、って。

まぁ、親も娘も慣れなのでしょうが、ちょっといろんな不安もあるもので、また考えるべきことが出てきました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
人気ブログランキングに参加しています。
 人気ブログランキングへ←いつも1日1票、応援クリックありがとうございます
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、昨年12月から開始していた、産業カウンセラー講座の実習が、この土日で終わりました!
嬉しいような、淋しいような感覚ですが、終わってみれば、本当にあっという間の約10ヶ月間でした。

あっという間とは言うものの、その中身は濃く、得たもの、気付いたことなど非常に多く、「カウンセリング」や「傾聴」、「メンタルヘルス」というものに対することを深く身に着けることができたと思います。
常に自分に対する課題を設け、一歩一歩取り組んできた成果だと、珍しく自負しています。

ただ、実習が終わったからすべてOK!ってわけではありません。
まずは、資格試験は来年1月下旬なので、それまでは座学の試験勉強をしなければなりませんし。
そして、運よく試験に合格し、資格を取得できたとしても、そこからが本番です。
そこがスタートラインになると思いますので、いまはスタートラインに経つ要件のひとつを得たのみ。

資格取得後、どう活かすか、そして経験も知識も知恵も増やしていかなければなりません。

せっかく学んできたことなので、ぜひとも活かしていきたいと思っています。

本業の社会保険労務士との資格とも密接に関連しますし、社会保険労務士だからこそできること、カウンセラーだからできること、そして、その両方があるからこそ活きるものがあります。

生きやすい世の中、働きやすい世の中のほんの一端でも担えればな、と。

そのためにも、もっともっとメンタルヘルス関連の勉強もし、企業研修などで組織内部へアプローチする一方、メンタルヘルス不調になってしまった労働者の方々へカウンセリング等を通じ、直接サポートできれば、と。

上司と部下、先輩と後輩、同僚など横のつながりなど、職場でのコミュニケーションが円滑であればあるほど、メンタルヘルス疾患とは縁遠くなっていくものでしょう。
そのためにも、いかに話を聞くか、いかに人と関わるか、など根本的な部分を、多くの人が知っていれば解決できる部分もあるのだろう、と。

想いや理想などなど細かいことまで書いていったらキリがないので、現時点では抽象的な話ばかりになってしまいますが、、、またじっくりしっかり、地に足つけて考えていきます。

まずは、試験に受かることですね。
頑張ります。



最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき−神奈川県の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、横浜、川崎
==============================