こんな天候が続いても、まだ梅雨明けしないのでしょうか
水浴びしたい。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
人気ブログランキングに参加しています。
 人気ブログランキングへ←いつも1日1票、応援クリックありがとうございます
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


さて、8月1日付で、雇用保険から支給される給付金の額を算定するための基礎となる賃金日額等が改定されます。

毎年この時期に『毎月勤労統計』の平均定期給与額の上昇・下降率に応じて改定されています。

今年は、平成23年度の統計が平成22年度に比べ『0.2%』低下したので、それに合わせてそれぞれの額が引き下げられています。


1.基本手当(通称:失業手当)の日額の最高額&最低額

 <最高額>
  (1) 60歳以上65歳未満
     6,777円 → 6,759円

  (2) 45歳以上60歳未満
     7,890円 → 7,870円

  (3) 30歳以上45歳未満
     7,170円 → 7,155円

  (4) 30歳未満
     6,455円 → 6,440円

 <最低額>
  (1) 全年齢
     1,864円 → 1,856円


2.高年齢雇用継続給付の支給限度額

     344,209円/月 → 343,396円/月

3.育児休業給付の支給限度額

     215,100円 → 214,650円

4.介護休業給付の支給限度額

     172,080円 → 171,720円


主な部分をご紹介しましたが、その他、細かい部分の金額も改定されています。

詳しくは、厚生労働省発表資料をご参照ください。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koyouhoken/kihonteate.html



最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき−神奈川県の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、横浜、川崎
==============================