人気ブログランキングに参加しています。
 人気ブログランキングへ←いつも1日1票、応援クリックありがとうございます


さて、先日「研修資料に怯む。」というタイトルで当ブログに、9月に受ける研修の教材が沢山送られてきた旨を綴りました。

現在、粛々と慎ましやかに予習しているところですが、その中で嬉しい参考教材があります。
book_110817

独立行政法人 労働政策研究・研修機構(JILPT)が発行している「労働関係法規集 2011年版」です。

社労士の中には、使っている方は大勢いらっしゃるでしょうね。

私も何年か前まで使っていましたが、どこかに仕舞ったまま、すっかり存在を忘れていました。

今回はその最新2011年版。
嬉しいものが混ざっていたものです。

この書籍は、その名の通り、労働関係の法規が沢山掲載されています。

以前、私はポケット六法を購入しましたが、これには労働法規はあまり掲載されていません。
あっても省略掲載だったり。

法規の掲載数だけではなく、この労働関係法規集は使いやすくできていて便利なんですよ。

通常のように法律の条文を調べるという行為にプラスして、「こういう内容は、何法の何条に載っているのだろう?」という使い方ができる索引がついているんです。
例えば、簡単な例で言うと「賃金台帳の帳製義務は、どこに根拠が規定されているのだろう?」と思ったときに、索引で「賃金台帳」を調べると「労基法108」と。
で、労働基準法第108条を見れば、規定内容がわかるという使い方です。
もちろん、キーワードはそう多くなく限界がありますけどね。

ネットでも手軽に調べられる世の中になっていますが、紙媒体は紙媒体の良さがあるんですよね。
手元ですぐに見られたり、マークできたり、書き込めたり。


そんなわけで、研修の勉強だけでなく、日常業務にも便利に使える教材があって、なんだか得した気分です。
その他にも、労働判例や労働審判のジュリストもあって楽しいです。
研修までに読める自信はなく、必要箇所の参照となるでしょうけどね。



最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)



==============================
事務所のオフィシャルサイトはこちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき−神奈川県の社会保険労務士
==============================