人気ブログランキングに参加しています。
 人気ブログランキングへ←いつも1日1票、応援クリックありがとうございます


さて、朝事務所のPCを立ち上げると、昨日の夜に見知らぬ方から一通のメールを拝受しておりました。

先日掲載された 日経新聞のコーナーへの回答に対する、疑問というか批判というか、、、そのような内容のものです。

その方のmixi内で、議論というか「あり得ない!」という意見が山ほど出ているので、何であのような記事を書いたのかの見解を聞かせて欲しい、と。

確かに、私も先日のブログに書いたとおり、「語弊があるなぁ」と懸念していたところでした。

見知らぬ方からのメールだったので、返答しようかどうしようか迷いましたが、そのような誤解を生んでいることが事実ですので、自分なりの見解をお返事することとしました。
「他の社労士の方々も同様に感じていると思います」と書かれてしまっては尚更ですね。

ただ、私はその方を存じ上げませんので、どのようにお伝えすれば良いのか、またニュアンスは伝わるのかどうか、そしてその内容がどこかへ転載等がされ、さらなる誤解や波紋が生じるのではないか、という懸念は拭いきれませんでしたが。

もちろん、自分の発したことが、100%間違えているとも思っていません。


それにしても、やはり電話取材で意図することがすべて伝えられ、それが思ったように記事になるというのは中々難しいものですね。
記者さんの判断で、大切だったニュアンスの部分が削られたり変わったり。
もちろん、文字数制限や記者さんの受け取り方がありますから仕方がないでしょう。
先日も書きましたが、後の校正等があるわけではないので、当日までどんな内容に仕上がっているのかがわかりません。
だからこそ、電話対応時に、より明確に、曖昧な部分は削除して伝える必要があるでしょうね。


今回のご批判メールをいただいて、改めて勉強になりました。
ありがたいですね。

簡便に伝え、そして、もっとわかりやすく、伝わりやすく。

私は、当ブログでもそうですが、説明しよう説明しようとし、周りの言葉や文字数が多くなってしまう傾向があります。。。

もしかしたら、お客様へのご相談対応でもわかりづらさを生んでるのかもしれません。

念頭に置き、業務へも取り組んでいきますね。


朝から少なからず精神的打撃を受けたことは間違いないですが、今日も一日、張り切って参りましょう!


あ、ちなみに、1回目の掲載以降、いろいろな方から「記事読んだよ!」などの応援&挨拶のお電話やメールも拝受しております。
ありがたい限りですね。

そして、新聞等のメディアの力にも驚くばかりです。


〜後日談〜
メールのやり取りをさせていただきましたが、その方へ考えや思いは通じなかったようです。
非常に残念ですが。。。
また、その議論や否定的意見が出ているmixiのサイトがどこかお聞きしましたが、それも教えてもらえず。
「おそらく他の社労士の方々も同様に感じていると思います」とのことでしたので、具体的にどうなのかをお聞きしても、はぐらかされてしまいました。
ご批判は財産にはなりますが、具体的でないと、ネットにありがちな匿名性の強い「無い世界」となってしまいますよね。
非常に気持ち悪さだけが残る印象があります。
閉ざされた世界、隠された部屋から石を投げられている感覚。
なんともいかんしがたいですね。
いい勉強になります。




最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)



==============================
事務所のオフィシャルサイトはこちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき−神奈川県の社会保険労務士
==============================