ブログをやっていて、初の1日2度目の更新です。

大切な情報です。


人気ブログランキングに参加しています。
 人気ブログランキングへ←いつも1日1票、応援クリックありがとうございます


さて、東京電力により順次行われている「計画停電(輪番停電)」に
伴い、従業員を休業させる際の賃金の取り扱いについて、厚生労働
省より通達(基監発0315第1号:平成23年3月15日)が出されましたのでお知らせいたします。

原本は下記をご参照ください。
tsutatsu_110315











内容を要約すると、

1.計画停電時間に伴い休業は、事業主の責に帰すべき休業には
  あたらない、とされ、「賃金」および「休業手当(平均賃金の6割)」
  の支払は不要。

2.計画停電時間以外でも、それに伴い、会社を休業せざるを得ない
  状況である場合は、1と同様の取り扱い

3.計画停電が予定されていたため休業したにもかかわらず、結果的
  に停電が行われなかった場合でも、その予定や変更等を考慮して
  1と同様の取り扱いを行う。


といったものです。

予想された範囲内での取り扱いですが、公式に通達という形で発信
されたことにより、管理に安心感が出るものと思います。


もちろん、従業員の生活等を考慮し、特別有給休暇扱いとしたり、従
業員本人の有給休暇を使わせたり、欠勤控除をしない、といった従業
員にとって有利な取り扱いをすることは、何ら問題なく、福利厚生としては望ましいものです。

しかし、企業運営にも支障をきたし、業績へも少なからず影響するものと思います。
よって、原則どおりの取り扱いをすることに、何ら違和感はございませんので、まずは通常の休業扱いとしてもよろしいかもしれませんね。


もう一点追記いたしますと、計画停電ではなく、震災そのもので会社設備が被害を被り、運営できない状況で、やむを得ず休業する場合も、もちろん事業主の責に帰すべき事由とはなりませんので、賃金および休業手当の支払は不要です。



このような災害時には、通常時とは違った人事・労務管理が必要となり、また迅速な対応が必要となります。
また、特例措置や解釈が多く発せられますので、常にアンテナを伸ばしておく必要がありますね。

〜追記(16:00)〜
厚生労働省ホームページに通達がアップされましたので、URLを掲載します。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/other/110316.html





最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)



==============================
事務所のオフィシャルサイトはこちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき−神奈川県の社会保険労務士
==============================