昨日3/15、私の地域(第1G:神奈川県茅ヶ崎市松浪)で計画停電が実施されました。
16:00〜19:00の間。

心構えも準備もしっかりしていたため、何事もなく過ごすことができました。

暗くなる時間帯だったので、仕事もそれを期に打ち止め。
読書も勉強も日があるうちにはしていましたが、すぐに限界が・・・。

日が落ちたため、18:00頃からはロウソクで約1時間、静かに過ごしました。
以前、突然の停電があったときを思い出しながら。

電気がないと、ものすごい静かなんですよね。
室内も外も。
電気のありがたみも感じるので、停電も悪いものじゃありません。
と言っても、企業や商店では大変でしょうが。。。

我家では、懐中電灯もロウソクも、常に簡単に手の届くところに準備されているので、その辺はまったく問題ありません。
電池も常備。
実家時代からの習慣です。
まぁ、用意周到というよりも、ただの心配性ってやつですけどね。

計画停電中、ふと、「昔は停電やら断水なんて、日常的にあったなぁ。」と思い、最近は設備もしっかりしてるんだなぁ、と技術の進歩にも意識が向きました。

今日は私の地域は、お昼の停電予定。
昨日とは違い、業務時間のど真ん中なので、またスケジューリングが大切ですね。

ちなみに、当面の計画停電スケジュールは下記をご参照ください。(東電ホームページ)

http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/110315j.pdf



人気ブログランキングに参加しています。
 人気ブログランキングへ←いつも1日1票、応援クリックありがとうございます


さて、昨日、財務省より寄付金控除の件がアナウンスされました。

今回の震災の被災者を支援するボランティア団体やNPO法人などへの寄付を促すため、寄付する個人や企業の所得税や法人税を軽減することにしています。

寄付の受付窓口に指定されたのは「中央共同募金会」で、寄付は東北関東大震災の被災地で今後、支援活動を行うボランティア団体やNPO法人などの活動に充てられます。

□ 個人が支出する寄附金
   寄附金控除の対象となる。
   (所得金額の40%又は寄附金の額のいずれか少ない方の金額から
    2千円を控除した金額を所得から控除する。)

□ 法人が支出する寄附金
   全額が損金算入の対象となる。


「赤い羽根」の「中央共同募金会」が寄付の受付窓口に指定されています。
このように窓口指定されるのは、阪神大震災以来とのこと。

連絡先や口座番号等を私のブログに書いても信憑性がないため、詳細は上記団体のホームページをご参照ください。

残念なことに、このような大災害時には、詐欺や偽装団体が多数発生します。
寄付等も必ず、その団体の出所等の詳細を確認し、信頼できるところを選んでください。
好意は必ず活かされるべきです。


さて、寄付は上記中央共同募金会だけでなく、日本赤十字社や報道機関などを通じて寄付を行った場合も、同様の税の優遇措置を受けることができます。

詳細は、下記国税庁ホームページをご参照ください。
http://www.nta.go.jp/sonota/sonota/osirase/data/h23/gien/index.htm

私も僅かながらですが、協力したいと思います。

「所得控除」じゃなく「税額控除」だったら、もっと頑張れるんですけどね。
って、そうなると国の税収が危ういか。


最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)



==============================
事務所のオフィシャルサイトはこちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき−神奈川県の社会保険労務士
==============================