人気ブログランキングに参加しています。
 人気ブログランキングへ←いつも1日1票、応援クリックありがとうございます


さて、昨年の12/11〜今年の1/10まで、雇用保険の電子申請システムが利用停止となっていました。

理由は、システムのバージョンアップのため。

1ヶ月というなが〜い期間をかけてのシステム変更。
せっかく広めてきているものを、そんなに長い期間停止してしまう意図が正直わかりませんが…。
普通、別で開発して置き換える等の方法を採るはずですけどねぇ。

まぁ、そんなことをダラダラと言っても仕方がないので、この辺でやめておきましょう。


さて、1/11に再開されたシステムにて、さっそく雇用保険の手続きを行ってみました。
やってみたのは『資格喪失届』(離職票不要)。

システムの仕様自体が変更されているため、まだ業務ソフトが対応しておらず、それを使っての手続きはできません。
よって、e-Gov直で手続きしました。

方法自体は、以前とまったく変わりません。
記入様式が変更されていたくらい。
ただし、大きな変更ではなく小変更ですね。

で、大きく違うのが、手続き後の対応。

今までは、電子申請をしても、ハローワークでの処理後、紙ベースで返りがありました。
「資格喪失確認通知書」ですね。

これが、システム変更後、データ(PDF)にて返ってくることに。
よって、これを印刷して退職者本人へ交付。
もちろん、事業主用も同様。
書式自体はまったく変更ありません。

で、気がかりは、、、紙質ですねぇ。

今までハローワークから交付されていたのは厚紙。
OCRシートから変更されたのも記憶に新しい上に、「コピーしての使用はしないでください」なんて書かれていたのに、今回のこの変更。

普通紙での対応になるのが通常でしょう。

でも、今までのが普通の感覚だったので、なんだか厚紙を使おうかな、なんて気にもなってしまいます。

喪失確認通知書だからまだしも、取得の際の被保険者証も通常の紙だと、なんだか見栄えもしないし、今以上に従業員本人での紛失が頻発しそうです。

どうしたもんか。
ちょっと検討しましょう。


さて、現在、離職票が必要な場合の手続きは電子申請では行えません。
が、これが夏くらいには電子申請でも行えるようになるようで。
どんな感じになるのか、まったくわかりませんが…。

原則的に本人印が必要な手続きのため、本人の委任状や承諾書等が必要になる気がするんですけどね。
そうなると、、、やっぱり手間のため、私は紙ベースでの手続きを継続しそうです。

現在の例外(事業主印で対応)を考慮したシステムになっているといいですが、なかなか難しいんじゃないかな

なにはともあれ、夏を待ってみましょうか。





最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)



==============================
事務所のオフィシャルサイトはこちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき−神奈川県の社会保険労務士
==============================