人気ブログランキングに参加しています。
 人気ブログランキングへ←いつも1日1票、応援クリック
ありがとうございます


さて、自動車メーカーのホンダから淋しいニュースが飛び込んできました。

シビックの国内生産&販売を終了、とのこと。

私は大のホンダ党。
本田宗一郎さんが大好きで、モノ創りのマインドが大好きです。

約10年前、新社会人になって半年後、さっそくフルローンを組んで待ちに待った新車を買いました。
シビックのタイプRというクルマです。
通称EK-9(後期)。
civic_typeR









初めて手にした思い出いっぱいのクルマです。
マニュアル車だったので、結婚するときに手放さざるを得ませんでしたが。

シビックはホンダをクルマメーカーとして大きなステージへ押し上げた代表的な車種ですね。

技術的にも世界最先端を走りましたが、ハッチバックのフォルムもまたスタイリッシュで素敵でした。
ワンメイクレースなど頻繁に開かれるなど、タイプRが創られる前から、走るクルマとしての人気も爆発的でした。

最近のシビックはコンセプトも少々ブレブレになってきてしまっていて、立ち居地も難しいところにいましたね。
近しい車種にフィットを創ってからはそちらがメインとなっていましたからね。
TOYOTAにおけるカローラとヴィッツの関係と似たようなものでしょう。

やっぱりシビックのメインはハッチバック。
だからこそ価値がある、と思います。
ハッチバックをやめるのであれば、違う車名にした方が良かったような気も…。
すでに大分前から本当の意味でのシビックは生産終了していたようなものでしょう。

が、商品として創る以上売れなければ意味がなく、時代に合わせた変化が必要となり、脈々と受け継がれてきた形を継続するというのは難しいのですね。


今回のニュースはとても残念ですが、時代の変化としては仕方がないもの。

またいつか合致した時代がやってきて、華麗に復活する姿を見せてほしいものです。


約40年間、お疲れ様でした。





最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)



==============================
事務所のオフィシャルサイトはこちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき−神奈川県の社会保険労務士
==============================