人気ブログランキングに参加しています。
 人気ブログランキングへ←いつも1日1票、応援クリックありがとうございます


さて、2010年9月15日付で、厚生労働省より興味深い発表がありました。

と言っても、制度改定や新設等の話ではなく、『ハンドブック』を作成した旨の発表です。

その名も 『知って役立つ労働法』

全38ページからなる冊子で、働く人に関わる法律や制度等がわかりやすく簡易に掲載されています。

厚労省の意向としては、「就職を控えた学生、若者向けのわかりやすい労働法のハンドブック」という意味合いで作られたようです。


役所主導で作成されたハンドブックと言うことで、期待せずに手にとって見ましたが、いやいや、なかなかよくできていると思いました。
38ページのものなので、細かく深くはないのですが、逆にそれがいいのかもしれませんね。
おそらくこれを手にする方々は労働法に普段から接しているわけではないので、細かく書いてしまうとこんがらがってしまいますもんね。

入社〜退職後の話まで、ずっと関わってくる労働法およびその周辺情報がざっと書かれていて、けっこう有用なものだと思います。

これは、就職を控えた学生や若者だけではなく、会社の人事労務担当者が読んでもいいかもしれませんね。
よく会社が誤りそうな部分や問題となりそうな部分が中心として書かれていますので。
もちろん、基本中の基本の導入書という意味合いで。
ここから他の専門書に移ってもいいのですし。


これは書店等で手に入れるものではなく、厚労省のホームページ上で無料PDFとして入手することができます。
以下がURLとなりますのでご参照ください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000rnos-img/2r9852000000rnq9.pdf


ざっと簡単に読めるので、ぜひ一度。




最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)



==============================
事務所のオフィシャルサイトはこちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき−神奈川県の社会保険労務士
==============================