人気ブログランキングに参加しています。 blogrank_banner
←いつも1日1票、応援クリックありがとうございます


さて、民主党の公約にも記載されていた『年金通帳』プロジェクトが始動するようです。

2010年度予算に開発費などが組み込まれ、2010年度中に開発&サービス開始が予定されます。

専用端末が各地の社会保険事務所などに設置され、年金通帳を差し込むことによって、自分の年金に関する様々な情報を取り出すことができる仕組みです。

標準報酬月額や加入記録、支払った保険料、将来の受給見込み額などなどの最新情報をいつでも印字することが可能です。

加入記録等の確認は、今年からはじまった「ねんきん定期便」で確認することができるようになりましたが、年1回誕生月の送付なので、随時確認できる年金通帳と併用することによって、より確実に確認できるようになるのでしょう。


これで、より身近に、より確実に自分の年金を知ることができるようになり、かなり有用なのではないでしょうか。

いわゆる『消えた年金問題』では、「わかりづらい年金制度」「閉ざされた記録」などなど、行政側の問題が大きいのはもちろんですが、もうひとつの原因として「自分の年金に興味がない(なかった)」のもひとつに挙げられると思います。

しかし、今回の問題で年金に注目するようになり、いつでも手軽に記録を確認できるようになるのは、今後の再発を防ぐためにも大きな前進ですね。

と言っても、どれだけの方が継続的に利用するのかが不安ですが…。

喉元過ぎれば…、ってことにならないよう願うばかりです。

今でも、

「年金手帳?どこにあったかなぁ。」
「年金番号なんて知らないよ。」
「ねんきん定期便(特別便)?そういえば、そんなの来てたっけ。」

なんて声をよく聞きますからね。


結局は年金全体とまではいかなくても、自分の年金記録に関心を持ち、知っておくことはとてもとても大切なことで。

自分の大切な財産でもありますからね。


あとは、「わかりやすい年金制度」が構築され、より身近に感じられるようになれば”尚可”でしょう。


まずは第一歩として、年金通帳はいい制度だと思います。


最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

blog_rank_big


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログへ



==============================
事務所のオフィシャルサイトはこちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき−神奈川県の社会保険労務士
==============================