人気ブログランキングに参加しています。 blogrank_banner
←いつも1日1票、応援クリックありがとうございます


さて、この仕事をしていると「助成金をもらい損ねるケースって多々あるんだろうなぁ。」としみじみ実感します。

一定要件の従業員を雇入れたときや一定要件の制度を導入したときなど、国から受給できるのが助成金。
これが、アナウンスが十分ではないため、各会社に情報が行き届かず、せっかく要件を満たしていたとしても、申請することすらできずに、知らないうちに受給し損ねてしまうことが。


現在、お客様のため、いくつかの助成金の受給準備をしているのですが、その中のひとつに『中小企業子育て支援助成金』があります。

簡単に言うと、平成18年4月1日以降に初めて『育児休業』を取得する従業員が出て、その方が育休から復帰後一定期間働いた場合に100万円が貰えるというもの。

今月ご契約いただいたお客様の従業員情報を整理していると、どうやら4月1日に育休から復帰している従業員がいるようだったので確認してみると、ビンゴ。

「この助成金を知っていますか?」と内容説明とともにお聴きしてみると、やはりご存知ないようでした。

今回、バッチリなタイミングで見つけられたからいいものですが、流れていってしまいかねないケースですよね。
100万円、、、でかい…。

もちろん、その他整備しなければいけないことがちょろちょろとありますけどね。


ちなみに、『中小企業子育て支援助成金』の概要について、事務所ホームページに掲載してありますのでご参照ください。
社労士オフィスみやざき ホームページ

細かい部分についてはわかりづらいと思いますので、いつでもお気軽にお問い合わせください


子育て支援助成金なんて、ハローワークとしっかり連携すれば、もっと広められると思うんですけどねぇ。
雇用保険の『育児休業給付』対象者のみが助成金対象なんだから、窓口で「この人はこの助成金に該当する可能性がありますよ。」と教えてくれればいいのに。
それだけで随分違うはず。



この助成金に限らず、「知らなかった」「わかりづらい」という声をよく聞きます。
もちろん、なんでもかんでも支給するとなると、今以上に不正受給が多くなって問題なのでしょうが、もっとわかりやすくすべきですよね。
申請を受けてからの審査や調査をしっかりやれば、不正受給も減らせるでしょうに。
ただ単に提出させる書類を増やすんじゃなくてね。


助成金は、頑張る会社の手助けをしよう!というのが狙いのはず。

もっとね、裾野が広がるといいんですけどね。

もっと、もっと情報発信を


最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

blog_rank_big


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログへ



==============================
事務所のオフィシャルサイトはこちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき−神奈川県の社会保険労務士
==============================