一昨日、このブログに書いた件、結果としては、やっぱり両方とも受給できるようです。

レアケースでなかなか遭遇しないでしょうが、勉強になりました。

このくらい常識だって



人気ブログランキングに参加しています。 blogrank_banner
←いつも1日1票、応援クリックありがとうございます


さて、世間の雇用情勢の悪化を受けて、厚生労働省管轄の助成金の創設、改正、要件緩和などなどが乱発されています。

もちろん、助成金を受給する機会が増え、いいことではあるんですけどね。

なんせ、今日の新聞で目にしましたが、プールされている財源が1兆円超もあるらしい
会社が国に納めている雇用保険料が財源です。
何年か前、5,000億円あるってのを見たことがあるのですが、その倍以上にもなっていたんですね。
驚きです。


それにしても、ポコポコといろんなのが出てくるので、なかなか情報収集が追いつかない…。

少ない頭のキャパで頑張ってます。

平成21年2月6日付でも、いくつかの助成金の創設や助成金額UP、要件緩和などなどが行われています。

たとえば、高年齢者や障害者、母子家庭の母などをハローワーク経由で雇入れたときに貰える『特定求職者雇用開発助成金』の助成金額のUP


派遣労働者を受け入れている会社が直接雇用した場合に支給される『派遣労働者雇用安定化特別奨励金』の創設


年長フリーター等を雇入れたときに支給される『若年者等正規雇用化特別奨励金』の創設。(『若年者雇用促進特別奨励金』の拡充版?)


などなど。

『派遣労働者雇用安定化特別奨励金』なんて該当するお客様がありそう!とハローワークに詳細要件を聞こうと問い合わせてみましたが、まだ情報が降りてきてないようでした。
上部機関の労働局にも来ていないようで。
来週くらいには来るかもと、担当者さんも困ってました。


まとめておかないと、どんなときにどの助成金が、どんな要件でいくらくらいもらえるのか、が混乱してきてしまいそうです。

と言うか、ころころと改定されるので、少し落ち着くまで待った方が無難かも知れませんね。


最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

blog_rank_big


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログへ



==============================
事務所のオフィシャルサイトはこちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき−神奈川県の社会保険労務士
==============================