人気ブログランキングに参加しています。 blogrank_banner
←いつも1日1票、応援クリックありがとうございます


さて、私は非定期的に社会保険庁のホームページを閲覧して、何か情報が出ていないかチェックしています。

今日も何気なく見てみると、

育児休業等期間中に次の子を出産する場合の保険料免除等の取扱いについて(pdf 126kb)(2月4日)

という案内が出ていました。

「あぁ、育児休業と産前産後休業の絡みの話ね。」

と流し読みしていて、最後の部分で目が留まりました。
「3.出産手当金の支給について」の部分。


通常、例えば子Aの育児休業中に子Bを妊娠した場合、子Bの産前休業(出産予定日以前42日)が開始すると、子Aの育児休業は終了します。

当然、子Aの『育児休業給付(雇用保険)』の受給も終了するわけです。

しかし、産前休業は当人からの請求で発生するもので、請求がなければ産前休業はありません。

産後休業は請求がなくてもとらなきゃ(とらせなきゃ?)いけないものなので、産前休業がなくても、出産日をもって『育児休業』が終了し、『育児休業給付(雇用保険)』も終了となります。

ただ、雇用保険からの『育児休業給付』より、健康保険からの『出産手当金』の方が支給率が高いので、普通に考えれば産前休業として『出産手当金』を貰った方がお得ですよね。
(育児休業中なら、社会保険料免除もありますが。)


と思っていたのですが、上記案内を見ると、
「子Bの出産前に取得している休業が、子Aに係る育児休業等であるか、子Bに係る産前休業であるかを問わず、出産手当金の支給要件を満たしていれば、被保険者からの申請に基づき支給することとなります。」と。

ってことは、この期間って『育児休業給付(雇用保険)』と『出産手当金(健康保険)』が併給可能なの

いままで、このケースに遭遇したことがなかったので、深く考えたことがありませんでした。


さっそく各所に確認。

協会けんぽ某支部 「ダメという決まりはないので、請求されれば支給します。」
某ハローワーク「”育児休業”ということであれば、支給を拒否する理由はありません。

ハローワークは最初ダメって言ってたんですけど、上記案内のことを話したら、「確認して折り返す」と。

協会けんぽは即答でした。
でも、違う支部に掛けてみると、『?』マークが付き、確認待ちです。

併給可能かどうかを聞くと、それぞれが「あちら(ハローワークor協会けんぽ)に聞いてください。」と。
どっちも明確な回答が出ないので聞いてるのに!!

グレーゾーンってやつですか!?


ただ、案内の文言をそのままとると、併給可能って感じですよね。

併給すると、この産前の42日間は、通常の賃金を超えた額を受給することとなり、なんだかおかしな話になると思うんですけど…。
いいのでしょうか…。

レアケースでしょうが、本人にとってはラッキーですよね。

私が勘違いしているだけ

それとも、これって当たり前の話


あぁ、なんだか腑に落ちない案内文を目にしてしまったようです…。


最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

blog_rank_big


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログへ



==============================
事務所のオフィシャルサイトはこちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき−神奈川県の社会保険労務士
==============================