人気ブログランキングに参加しています。 blogrank_banner
←いつも1日1票、応援クリックありがとうございます


さて、子供を産んだ際に国から支給される『出産育児一時金』が増額されるかもしれません。

現在、1子ごとに35万円が支給されています。

これが38万円へと。

ただ、純粋な増額というわけではないようです。

「産科医療補償制度」(無過失補償制度)の開始に合わせた措置となります。
この制度は、出産時の医療事故で脳性麻痺となった子に対し、医師に過失がなくても総額3,000万円の補償金を支払う仕組みで、医療機関が加入し、分娩1件につき3万円の保険料を負担するものです。

厚労省は、”医療機関が保険料を上乗せして出産費用の値上げにつながる”と見ていて、出産育児一時金について保険料に見合う分を増額し、妊産婦の負担を軽減する必要があると判断したようです。

早ければ、今年(2008年)10月に成立させ、来年(2009年)の1月からの施行とのこと。


安心が増えても、負担が増えれば、出産される方にとっては厳しいですもんね。
産んでからもお金がかかるわけだし、少しでも負担が少ないほうが嬉しいでしょう。

迅速な対応はいいことだと思います。



他にも「妊婦健診を無料化する」という動きもあるようです。
現在、各自治体によってマチマチの妊婦健診補助。
これを全国統一で、すべての妊婦健診を無料化しよう、と。

全額公費負担で、本人の負担は0

こりゃぁ、通れば嬉しい措置ですね。

約840億円の予算が必要らしく、どこから捻出するかが問題でしょうが…。

なんにしても、少子化の歯止め策(出産奨励策??)としては直接的に有効な気がします。
まぁ、もちろん、本人達に産む意思がなければ、、、って話ですけどね。
産んだ後のこともあるでしょうし。


長期的には、さらなる出産育児一時金の増額、出産費用の保険適用などなど、出産関連の施策が目白押し。

産みやすい社会創りは素晴らしい。
その後は、育てやすい社会創りも課題ですかね


最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

blog_rank_big にほんブログ村 士業ブログへ



==============================
事務所のオフィシャルサイトはこちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき−神奈川県の社会保険労務士
==============================