人気ブログランキングに参加しています。 blogrank_banner
←いつも1日1票、応援クリックありがとうございます


さて、先日このブログ(参照:『特定保険料率が決まらないなぁ』)でお伝えした政府管掌健康保険の『特定保険料率』がようやく発表されました。

内訳は下記の通りです。

□ 特定保険料率 : 3.3%

□ 基本保険料率 : 4.9%


合計の保険料率は今までと変わらず、

□ 健康保険料率計 : 8.2%(3.3+4.9)

となります。

ちなみに、それぞれの保険料がどのような意味合いを持つのか??
それは下記のような内訳になります。

特定保険料率… 前期高齢者納付金、後期高齢者支援金、退職者給付拠出金及 び病床転換支援金等に充てるための保険料率

基本保険料率… 政府管掌健康保険の加入者に対する医療給付、保健事業等に充てるための保険料率

つまり、平たく言うと、特定保険料は高齢者関連に使われる保険料ということです。

これは特別に創設されたものというわけではなく、今までと同様の使われ方なのですが、「自分の払ってる保険料がどの程度の内訳で使われているのか??」というのを明確にする趣旨が含まれているのでしょう。


ちなみに、この適用は、5月に送られてくる『4月分保険料』の納付分からとなりますので、納付書が送られてきましたら、是非一度詳細をご覧ください。
おそらく案内も同封されてくると思われますので。


なお、健康保険組合にご加入の会社につきましては、上記とは異なりますので、それぞれの健保組合にご確認ください!


blog_rank_big
人気blogランキングへ参加しています。
少しでも役に立ったなぁという方はこちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。



==============================
事務所のオフィシャルサイトはこちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき−神奈川県の社会保険労務士
==============================