相変わらず風が強いですね。
この時期は「風が強い=花粉が飛ぶ」。
クスリで抑えていますが、そろそろ本格的にやられてくるのかも。


人気ブログランキングに参加しています。 blogrank_banner
←あなたの一票、応援クリックお願いします


さて、前回まで、『開業のキッカケ』シリーズを書かせていただいていましたが、今回は、そのおまけ的なお話。

社労士をやり続けよう!と思えた、ありがたいお言葉をいただいたお話です。

そのお言葉は、

「社労士のイメージが変わりました。と。


事務所勤務時代、入社1ヶ月ちょっとくらいの時期だったかな。
新しくお引き合いをいただき、ご契約いただいたお客様からです。

でも、特別なことをしたわけではありません。

民間企業勤務時代からやっていたことなのですが、質問対応や手続き、連絡&報告を迅速、丁寧に行なおうと心がけていただけです。

そして、どちらかが上にいるわけではなく、いい意味での対等の立場。
WIN-WINの関係を保てるように、と。


その方の経験&イメージでは、社労士は、いわゆる「先生」色が強く、威張っていたり、頭ごなしに押し付けようとしたり、メールを始めPC関係に疎かったり。
(IT系企業なので、PC関係のことは尚更気にしていたのでしょう。)

私の対応が、そういうイメージを払拭したそうです。

まだ駆け出しの私にとっては、とてもとても嬉しいことでした。
自分のやっていることで、人を喜ばせることができたなんて。


今でも、その言葉を大切にしています。
そして丁寧な対応、クイックレスポンスを心がけて仕事に取り組んでいます。

もちろん、モノを売る商売ではないので、人と人の相性というものもあるでしょうし、好き嫌いもあるでしょう。
中にはいわゆる「先生」タイプの方が安心感や貫禄があって好き、という方もいらっしゃるでしょうし。


ただ、私はこのやり方が自分に合っていて、この先もやっていきたいな。
一人でも必要としてくれる方がいる限り。
(もちろん、改善すべきところは改善していきますが。


これからも、ひとつでも多くの

「ありがとう」

という言葉を世に生み出せるように、仕事をしていきたいと思います。



blog_rank_big
人気blogランキングへ参加しています。
最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。



==============================
事務所のオフィシャルサイトはこちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき−神奈川県の社会保険労務士
==============================