人気ブログランキングに参加しています。 blogrank_banner
←あなたの一票、応援クリックお願いします


さて、マクドナルドに判決が下されましたね。

「職務の権限や待遇から見て、店長は管理監督者に当たらない

店長職の従業員に対し、未払い残業代503万円+賦課金で、755万円の支払い命令です。
マクドナルドは控訴するようなので、引き続き注目です。

マクドナルドと言えば、以前、残業代の計算に問題があって、正しい支払を命じられたばかりですね。
ギリギリのグレーの部分で人事制度運営をしているということでしょうか。


さて、調べてみると、ケンタッキーや吉野家は人事制度を変更済みで、店長でも管理監督者とせずに残業代を支払っているんですね。

それでも、対応していない会社も多いはず。
特に小規模チェーンや中小飲食店は、管理監督者として扱って、残業代を支払っていないところが多いでしょうね。

先日のコナカの件もそう。
こちらは労働組合との間で結んだ解決金協定ですが。
さらに、いまは制度変更で、店長に対しても残業代を支払う制度になっていて、この協定は制度変更前分です。


今回のマックの判決はかなり重要な司法判断になり、外食産業をはじめ、小売業などの店舗営業の業界に大きな影響を与えることでしょう。

引いては、店舗形態ではない会社でも同じことは言えそうです。
今後、同様の訴えがさらに増えそうな気もします。

でも、裁判になる前(or途中)に和解解決するのかな



人件費の増幅を抑えるには、小手先のテクニックではなく、もっと根本の改革をしないと、解決にはならないでしょう。

ん〜、管理監督者の厳密な取り扱いは難しい…。
「疑わしきは適用せず」とするべきか「黒でなければ適用!」とするべきか。

会社のスタンスが問われる場面です。
従業員のモチベーションや企業倫理にも関わってくるところでしょうから、なお簡単にはいかないんでしょうね。
シンプルかつ有用な制度が一番でしょう!
って、大きくなればなるほどそれが難しいのか…。


blog_rank_big
人気blogランキングへ参加しています。
最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。



==============================
事務所のオフィシャルサイトはこちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき−神奈川県の社会保険労務士
==============================