人気ブログランキングに参加しています。 blogrank_banner
←さぁ、今日の順位はどうでしょうか?


さて、もうすぐ『ねんきん特別便』の発送が始まります。

『ねんきん特別便』は、基礎年金番号と未統合の5,000万件の記録に関し、照合して有力な手がかりが見つかった人に対して、確認を促すために送られる通知書です。

今年の12月中旬頃から来年3月頃まで、順次送付されます。

それに伴い、通知の様式と送付&確認の流れ(案)が公表されました。
(社会保険庁HP:http://www.sia.go.jp/topics/2007/n1120.html


書式では、対象者への注意喚起のため、「記録が漏れている可能性があります」と記載されるに留まり、対象データの詳細(事業所名や期間など)は記載されません。

また、加入履歴について(1)年金種別、(2)勤務先、(3)加入期間、(4)加入月数を一覧表とし、ひと目で分かるようにされています。

『ねんきん特別便』を受け取った人は、記載されている記録に漏れや間違いがないかを自分で確認し、漏れや間違いがある場合は、同封の「照会票」に正しい記録を記入し、被保険者(加入中の人)は社会保険庁に返送。
年金受給者は年金証書を添えて、近くの社会保険事務所か年金相談センターで記録訂正の手続きをする流れとなります。

なお、訂正の必要がない場合は、同封はがきの「訂正がない」という欄に○印を付け返送すればです。


さて、これでどの程度の効果が生まれるでしょうか
やらないよりマシってことはハッキリしますが…。

年金に詳しくない一般の方がこれ受け取って、どこまで正確に対応できるか。
また、事業所名等は記載されず、「漏れてそうなデータがありますよ〜。」という注意喚起に留めているので、結局本人の記憶頼りとなっています。
ここで、本人が記憶を呼び起こせなければ、、、OUT
「ん〜、はっきりしないけど、なんだか怪しい記憶があるなぁ。。。」という方は、とにかく通知を持って社会保険事務所等に相談に行った方が賢明でしょうね。


もうひとつ懸念されるのが、これに乗じて『詐欺行為』が発生する可能性大
社会保険庁を名乗って、振り込め詐欺やらなんやら、と。
「○○のために、お金を振り込んでください。」ってことは絶対にないので、怪しい連絡がきたら、すぐに対応せず、しっかり確認しましょう。

お金をもらえるはずなのに、結果払っちゃったってなったら洒落になりませんからねぇ。

お気をつけください


blog_rank_big
人気blogランキングへ参加しています。
少しでも役に立ったなぁという方はこちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。



==============================
事務所のオフィシャルサイトはこちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき−神奈川県の社会保険労務士

助成金ガイドブック「簡単!使える助成金紹介〜後悔しない助成金活用法」
  無料プレゼント実施中

==============================