これから二本目の親知らずの抜歯へ行ってまいります。
一本目同様すんなり抜けるといーなぁ。


人気ブログランキングに参加しています。 blogrank_banner
←順位が下降中。あなたの応援クリックお願いします


さて、法改正により2007(平成19)年10月1日から開始される外国人雇用状況届出制度についてお知らせします。

いままで、高齢者、障害者とともに外国人の雇用状況は、毎年6月1日付の状況を6月30日までに報告することになっていました。

その3つの雇用状況報告の中から、外国人のものだけが抜き出され、入社・退社のたび、随時、ハローワークへ届出することになりました。

ということで、毎年6月1日に行なっていた報告はなくなります


その外国人雇用状況届のやり方は下記の3通りです。

(1) 雇用保険の被保険者である外国人に係る届出
   雇用保険の被保険者資格の取得届又は喪失届の備考欄に、
   在留資格、在留期限、国籍等を記載して届け出ます。
   ※ 届出期限は取得届又は喪失届の提出期限と同様です。

(2) 雇用保険の被保険者ではない外国人に係る届出
   届出様式(第3号様式)に、氏名、在留資格、在留期限、
   生年月日、性別、国籍等を記載して届け出ます。
   ※ 届出期限は雇入れ、離職の場合ともに翌月末日までです。
     (例:10月1日の雇入れ→11月30日までに届出)

(3) 2007年10月1日時点で現に雇い入れている外国人に係る届出
   届出様式(第3号様式)に、氏名、在留資格、在留期限、
   生年月日、性別、国籍等を記載して届け出ます。
   ※ 届出期限は平成20年10月1日までです。
     (ただし、この間に離職した場合は、(1)又は(2)に従い届出)


その他、在留資格や期限の確認方法など、パンフレットをご参照ください。
(厚生労働省ホームページ↓↓↓)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/gaikokujin13/dl/index01.pdf



雇用保険加入者以外の雇い入れについても随時届出しなきゃいけないのは少々手間ですね。
いままでは、年1回だったものが随時になったので、特に多くの外国人を雇っているような会社さんはかなりの事務手続き負担増でしょう。

不法滞在や不法就労を撲滅するため、在留資格や在留期限を確認することを徹底する施策だとは思いますが、果たして、ハローワークへ随時届出する必要があるのかどうか
ハローワークではどれだけ活用するのか
真面目にやっている会社の手続き負担ばかりが、どんどこ増えていっちゃいますね。
年一回でも定期的に確実に確認する制度にした方が効果的なような気もしますが。


さて、上記改正に併せ、10月1日より、事業主の方に対し、外国人労働者の雇用管理の改善および再就職支援の努力義務が課されます。
参考:『外国人労働者の雇用管理の改善等に関して事業主が適切に対処するための指針

内容は、「外国人だから特別に!」というわけではなく、通常の国内労働者への対応にプラスして、習慣や国籍、言語で障害になる部分をお手伝いしましょう、っていう感じだと思います。


届出を怠ったり、虚偽の届出をすると、罰則の適用(30万円以下の罰金)もありますので、10月1日以降はご注意ください


blog_rank_big
人気blogランキングへ参加しています。
少しでも役に立ったなぁという方はこちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。



==============================
事務所のオフィシャルサイトはこちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき−神奈川県の社会保険労務士

助成金ガイドブック「簡単!使える助成金紹介〜後悔しない助成金活用法」
  無料プレゼント実施中

==============================