人気ブログランキングに参加しています。 blogrank_banner
←さぁ、今日の順位はどうでしょうか?


さて、厚生労働省より「2006年の人口動態統計(速報)」が公表されました。

このブログ(2年連続の人口減)でも触れましたが、年明けに公表された『推計値』から一転、人口増となったようです。


年間出生数 : 1,122,278人 (前年比 32,041人

自然増加数 : 26,885人

(出生数から死亡数を引いた人数)


出生数は6年ぶりの対前年比増です。
そして、合計特殊出生率は『1.3台』に乗せるだろうと見られています。


年明けの推計値では、自然増加数は「▲6,000人」で2年連続の人口減と見られていましたが、今回の速報では一転し増加でした。
出生数も推計値より1万人近く増加です。

推計値はその年の1月〜10月の実績を見て、12月までの傾向を出して統計を取るという手法なので、11月・12月で大幅改善があったのかもしれませんね。


厚労省では「景気回復による雇用情勢の改善で、雇用が安定し、安心して結婚・出産する人が増えたのではないか」と見ています。

しかし、2006年は例外としてとらえており、2007年以降は再び出生数が減少してく可能性が高いとしています。

悲観的な予想ですが、現実的なのでしょう。


しかし

以前の記事でも書きましたが、亥年は、古くから猪の多産にあやかって、「子孫繁栄をもたらすもの」と信じられてきた干支だそうなので、猪パワーに期待です。



=========================
事務所のオフィシャルサイトはこちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき−神奈川県の社会保険労務士

人気blogランキングへ参加しています。
blogrank_banner

=========================