昨日の記事(『くるみん』誕生。)に関連して、今日もマークの話です。


と本題に行く前に、こちらを。
人気ブログランキングに参加しています。 blogrank_banner
←さぁ、今日の順位はどうでしょうか?


さて、みなさん、こちら↓をご存知ですか?
maternity















これはマタニティマークというものです。

「妊産婦が交通機関等を利用する際に身につけ、周囲が妊産婦への配慮を示しやすくするもの」
「さらに、交通機関、職場、飲食店、その他の公共機関等が、その取組や呼びかけ文を付してポスターなどとして掲示し、妊産婦にやさしい環境づくりを推進するもの」


という意味合いがあります。


特に妊娠初期などの外見からはわかりづらい時期に、これを妊婦さんが持ち、みんなが妊婦さんに対して配慮しましょうね、というものです。

電車の席をゆずったり、レストランや公共の場での受動喫煙を防止したりという目的です。

さて、昨日の『くるみん』と同じように、このマークをどれだけの人が知っているでしょうか

このマーク、2006年の2月に決定しているものなんですよ。
さらに、2006年8月頃から首都圏の鉄道事業者16社で無償配布や周知ポスターの掲示などをしているんです。
というか、していることになっています。
と言うのも、私はしょっちゅう電車に乗っている身でありながら、一度もこのポスターを目にしたことがありません…。
そして、これを身に付けている方も目にしたことがありません…。

みなさんは目にしたことがありますか?

首都圏限定で配布というのがよろしくないんですかね。


ベネッセの「たまごクラブ」やその他の団体では、以前から同じようなものがありました。
たぶん、それも子育て世代の方しか知らないんでしょうね。
それを国が取り組んでいるんですから、全国的にやればいいのに…。
費用の問題等なのでしょうか。


せっかく、妊婦さんが過ごしやすい環境を創りましょうという素晴らしい取り組みなので、中途半端にせずに大々的にやったらいいのに、と思います。
もったいないですよね。


ここで初めて知った方も、このマークを持っている方を見かけたら、積極的に席を譲りましょう。
そして、優しい目で微笑みかけましょう。
って、それは怪しすぎますね…。


ちなみに、配布場所やポスター内容についてはこちら↓↓↓(厚生労働省HP)
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/07/h0726-1.html


=========================
事務所のオフィシャルサイトはこちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき−神奈川県の社会保険労務士

人気blogランキングへ参加しています。
blogrank_banner

=========================