おぉ、花粉がっっっ

かなり天気がよかったので、春のポカポカ陽気に誘われて、花粉達も楽しそうに舞い踊っていたようです…。
鼻は薬やマスクで、どうにかこうにかごまかせますが、目が痒い。。。

 
人気ブログランキングに参加しています。 blogrank_banner
←いつも応援クリックありがとうございます!


さて、『くるみん』が誕生しました。

ん?なんのことだろう…。
って、唐突すぎますね。

これは、あるキャラクターマークの名前が決定したというものです。

会社が『次世代育成支援対策推進法』に基づいて『一般事業主行動計画』というものを策定し、認定をうけると使用できるようになるマークです。

この『一般事業主行動計画』は、仕事と子育ての両立を図るために必要な雇用環境の整備などを進めるためのものです。

2005年4月に、従業員301人以上の会社に義務付けられたものなのですが、施行からちょうど1年が経った2006年3月時点での届出率は、なんと『99.1%』
そのうち、30の都道府県で100%の届出率となっています。

当時、労働局の方が力を入れて催促してましたからね。

義務とされたものなので、無理やり作った会社も多数あることでしょう。
数字上、ほぼすべての会社が策定していますが、実態と内容が即している計画書はどの程度あるのかちょっぴり興味があります。


と、少々横道に行きましたが。

『一般事業主行動計画』を策定し、一定の条件をクリアしていれば、計画達成のご褒美の一環として認定マークを使用できるんです。
(300人以下の会社でもOK)

このマークは、会社案内やポスター、名刺、商品などに使うことができ、これが付いている会社は育児支援に積極的ということになります。

と言っても、このマーク。
どれほど世間の認知を受けているのでしょう

せっかくいいことをして取得できるマークなので、有効活用したいですよね。

でも、今までのことを見てきても、厚生労働省って、世間一般に周知するのが上手ではない気がするんですが。。。
お役所さんはどこもそうなのかな?
もっと大々的にアピールすればいいのに…。


ということで、気になる『くるみん』はこちら↓↓↓(厚生労働省HP)
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2007/02/h0216-3b.html


みなさんも見かけたら、

「あぁ、この会社は子育て社員に優しい会社なのね。

という目で見てあげましょう。


あ、『くるみん』の由来を書いてませんでしたね。

「赤ちゃんが大事に包まれる「おくるみ」と、「職場ぐるみ・会社ぐるみ」で子供の育成に取り組もう、という意味を込めました。」
「マークのイメージとして、子どもが優しく“くるまれている”というあたたかい印象が強いこと。企業(会社)“ぐるみ”で、仕事と子育ての両立支援に取り組むこと。これらの考えから、“くるむ”⇒“くるみ”⇒“くるみん”となりました。」

とのこと。
昨年の11月から一般からの募集を始め、158点の応募作品から決定したそうです。

国の募集で「158点」の応募しかなかったのか…、と思ってしまいましたが。
やっぱり告知が上手じゃないんじゃないかなぁ。


=========================
事務所のオフィシャルサイトはこちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき−神奈川県の社会保険労務士

人気blogランキングへ参加しています。
blogrank_banner

=========================