湘南発!社労士みやざきブログ

元【20代社労士の開業奮闘記】。 28歳で開業した社会保険労務士です。実務経験は10年超。 労務関連分野や仕事のこと、日常のことなどを綴っています。

2015年09月

 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
【案内】10月開催セミナー、受講者募集中!
「ストレスチェック制度導入とその後のストレスマネジメント」と題し、
二部制で開催!
第一部:「ストレスチェック制度 絶対にはずせない基本の『き』」
第二部:「不安とストレスに悩まない7つの習慣」入門講座

日時 : 2015年10月19日(月)13:45〜16:15 (受付開始13:30)
場所 : 神奈川県横浜市 「横浜情報文化センター」
費用 : 3,240円(税込)
講師 : 社労士オフィスみやざき 代表 宮崎 貴幸

申込みやその他詳細などは下記をご参照ください。
http://www.som-net.com/info/seminar/seminar_20151019.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、先日取材を受けたものが、雑誌に掲載されました。
20150930
「月刊コンピューターテレフォニー」という、コールセンター等向けに発刊されている雑誌です。

畑違いでもあり、私は取材を受けるまでまったく存じませんでしたが、1998年に創刊され、すでに200号を発行している歴史ある雑誌です。

その「月刊コンピューターテレフォニー」でストレスチェック制度に関する特集を組むという事で、取材協力のご連絡をいただき、二つ返事で対応させていただきました。

どんな形であれ、自分の知っていること、考えていることで、誰かのお役にたてるのであれば嬉しいですしね。

紙幅には限りがあり、お伝えしたい内容がすべて載せられるわけではありませんし、言葉が切り取られることで曲がって伝わってしまうリスクもありますが、何かのヒントとして捉えていただければ幸いです。

ストレスチェック制度に関して、もっと深く知っていただくには、ぜひとも10月14日に発売となる書籍をお手に取っていただきたいと思います。
産業医・労働安全衛生担当者のためのストレスチェック制度対策まるわかり


取材は新事務所オープンの次の日で、初の来客対応でした。
雑然としている事務所で、ミーティングスペースだけはなんとか体裁を整えておいてよかったです。

そして、移転により事務所にお迎えできる体制を整えられて、本当によかったな、と思います。

基本的にお客様のところへお伺いすることがほとんどなのですが、たまに事務所に来たいという方がいらっしゃったり、個人相談や取材などでは事務所で対応できるのはとても便利です。

なければないで対応できるのですが、あるとないでは大違い、という感覚です。



最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき/藤沢、茅ヶ崎、辻堂、鎌倉の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、辻堂、横浜、川崎
==============================

 
昨日の中秋の名月は素敵でした。
今日は満月、スーパームーンですね。
昨日以上に輝くのでしょうか、楽しみです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
【案内】10月開催セミナー、受講者募集中!
「ストレスチェック制度導入とその後のストレスマネジメント」と題し、
二部制で開催!
第一部:「ストレスチェック制度 絶対にはずせない基本の『き』」
第二部:「不安とストレスに悩まない7つの習慣」入門講座

日時 : 2015年10月19日(月)13:45〜16:15 (受付開始13:30)
場所 : 神奈川県横浜市 「横浜情報文化センター」
費用 : 3,240円(税込)
講師 : 社労士オフィスみやざき 代表 宮崎 貴幸

申込みやその他詳細などは下記をご参照ください。
http://www.som-net.com/info/seminar/seminar_20151019.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、ついに著書の発売日が決定しました!
150907_01
「産業医・労働安全衛生担当者のためのストレスチェック制度対策まるわかり」(中外医学社)

発売日:2015年10月14日(水)
価 格:3,888円(税込)

amazonでは予約が始まったようです。
産業医・労働安全衛生担当者のためのストレスチェック制度対策まるわかり
また、出版社の特徴として、店頭には多くは並ばないようなので、ネット購入がいいのかもしれませんね。
自分の著書が本屋さんに並んでいるのを目にしたいところではありますが。

ストレスチェック制度にかかわる、事業主、人事労務担当、安全衛生担当の皆様、お手に取っていただけると幸いです。

この本は他にはない、1冊の中で産業医、社労士、看護師、産業カウンセラーの各視点から書かれた超実践本なので、みなさまのお役にたてることと思います。

また、ご購読くださった方には「SC制度ディスカッショングループ」(https://www.facebook.com/groups/SCmaruwakari/)も用意されているのでご活用ください!

発売日までもう少し!
お楽しみに!!
私が人一倍楽しみにしているのかもしれませんが。


以下、書籍の代表著者であり、一般社団法人 日本ストレスチェック協会 代表理事の武神健之氏からのメッセージです。
fecebookグループや購入者特典等が案内されていますので、ぜひご覧ください。
**************************************
ストレスチェック制度対策まるわかり、Amazonにて予約開始しました!
出版予定日は2015年10月14日です。
価格は3,888円(税込)。
http://bit.ly/scmaruwakari

現役で現場で活動している5人の専門家がストレスチェック制度対策を語っています。
世の中のSC制度本の中では一番実践的かつわかりやすいと自負しています。

【購読者のためのSC制度ディスカッショングループはこちら】
https://www.facebook.com/groups/SCmaruwakari/
購入した方はグループ加入を申請してください。

【購読者のために90分の特典映像があります!】
ストレスチェック制度ここだけの話(2015.9.9.第1部)
視聴のためのリンクは、上記ディスカッショングループで公開します。

【感想、コメントいただいた方にはさらに特典を用意!!】
以下どちらかで感想やコメントいただいた方は、ストレスチェック制度ここだけの話(2015.9.9.第2部)をプレゼントします。

FBでこの本の写真と感想をupしてください。
その際に、「非営利型一般社団法人 日本ストレスチェック協会」か「武神健之」か著者の誰かをタグ付けお願いします。(そうしないと気づけません。)
Amazonでカスタマーレビューをお願いします。
 そのリンクを「非営利型一般社団法人 日本ストレスチェック協会」か「武神健之」にメッセージで送ってください。
 
以上、よろしくお願いいたします。

初版在庫のなくなる前にぜひご予約、ご購入ください!
**************************************



最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき/藤沢、茅ヶ崎、辻堂、鎌倉の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、辻堂、横浜、川崎
==============================

 
夜中の三時に、津波注意報のアラームに起こされ、そのまま中々眠りにつくことができませんでした。

自然災害が続いています。
本当に怖いものですね。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
人気ブログランキングに参加しています。
 人気ブログランキングへ←いつも1日1票、応援クリックありがとうございます
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、10月19日(月)に「ストレスチェック制度導入とその後のストレスマネジメント」と題し、社労士オフィスみやざき主催でセミナーを開催いたします。
http://www.som-net.com/info/seminar/seminar_20151019.html
20150918
今回は二部構成。

まず第一部は、12月に施行される「ストレスチェック制度」の内容をお話します。
ストレスチェック制度は、導入方法により、簡単にも複雑にもできる制度です。

今回、「ストレスチェック制度 絶対にはずせない 基本の『き』」と題し、ストレスチェック制度の本筋をお話します。
枝葉末節に振り回され、幹となる部分を見失わないよう、基本に立ち返り、根本をしっかり押さえることが大切です。

現在、公的機関、民間問わず、詳細について続々と多くの情報が発出されている今、詳細の制度設計をする前に今一度基本に立ち返り、制度の根本を俯瞰で捉えましょう!


第二部は、ストレスマネジメントセミナー「不安とストレスに悩まない7つの習慣」入門講座です。

この講座では、ストレスや不安とはとはどのようなものか、「不安とストレスで悩まない技術」を身につける「実践的なセルフケア」を学びます。

講座終了時にはどなたでも、日々の生活の中でよりストレスや不安と上手に付き合う自分なりのコツを習得できます。
明るく、楽しく、前向きに、個人も組織も心の健康管理に取り組みましょう。

そして、メンタルヘルス不調で困る人が一人でも減るよう、一緒に楽しく学びましょう!

このプログラムは、 一般社団法人日本ストレスチェック協会の認定入門講座です。
同協会の代表理事で現役の産業医が年間1,000件という産業医面談を行ってきた中で生まれたもので、2割の(メンタルヘルス)不調者だけではなく、8割の元気な人を対象に開発されました。
従来のメンタルヘルス対策講座を、暗い、辛気臭い、深刻すぎという印象で敬遠されていた方に、ぜひ、おススメの内容です。

私は同協会の「シニアストレスマネジメントファシリテーター」に認定されております。

社会保険労務士として、企業の働く環境、労務管理をみてきています。
産業カウンセラーとして、企業のメンタルヘルス対策に力を入れています。
そして、それらを合わせた上で、シニアストレスマネジメントファシリテーターとして、実戦的なセルフケアをお伝えいたします。


ストレスチェック制度を導入することは、従業員がストレスと向き合う機会ができるということです。
「ストレスとはどんなものか?」「ストレスとの付き合い方は?対処方法は?」というストレスマネジメントの技術を学ぶことにより、ストレスチェック制度が単なる義務にならず、効果的になることでしょう。

ご自身のストレスマネジメントはもちろん、従業員研修も有効です。

ご興味のある方は、ぜひご参加ください!
みなさまにお会いできるのを楽しみにしております。

なお、第二部だけのご参加も大歓迎です!
(ただし、第一部のみは受け付けておりません)

セミナーの詳細やお申し込みは社労士オフィスみやざきのホームページよりお願いいたします。
http://www.som-net.com/info/seminar/seminar_20151019.html


ちなみに、過去に開催した「不安とストレスに悩まない7つの習慣」の模様はこちら(http://som-net.doorblog.jp/archives/55637728.html





最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき/藤沢、茅ヶ崎、辻堂、鎌倉の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、辻堂、横浜、川崎
==============================

 
久しぶりの清々しい青空。
気持ちがいいもんです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
人気ブログランキングに参加しています。
 人気ブログランキングへ←いつも1日1票、応援クリックありがとうございます
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、ついに、ついに改正法が、本日 成立しました。
二度の廃案を経て、もう無いんじゃないか、なんて言われながら、ゾンビのように復活。
今国会でも、施行日を伸ばし、再修正をかけながら粘っこく。

改正労働者派遣法です。

施行日は、平成27年9月30日です。
って、すぐじゃん。。。

前回の改正派遣法で決められていた、いわゆる「労働契約申込みみなし制度」が10月1日から施行されるので、国としてはどうしてもそれまでに施行したかったのですよね。

この「労働契約申込みみなし制度」は、違法派遣が行われた場合に派遣先が「労働契約を申し込んだ」とみなして、直接雇用が成立させられる、なんて制度です。

たとえば、次のようなとき。

]働者派遣の禁止業務に従事させた場合
¬亀可の事業主から労働者派遣を受け入れた場合
G標可能期間を超えて労働者派遣を受け入れた場合
いい錣罎覽響請負の場合

「善意無過失は対象外」なんて条件などもありますので、「知っててわざとやるんだから、雇用する気があるんでしょ。」ってことなのでしょうね。

で、このに関連して、新改正法が欲しかったってことですね。


と、話がズレてしまいました。

今回成立した改正法でも細々した内容がありますが、大きな目玉としては下記の2つでしょう。

1.いわゆる「特定労働者派遣」(届出制)をなくし、すべての労働者派遣事業が許可制に一本化

いままでは、一般(許可制)と特定(届出制)の2つの制度がありましたが、この区分をなくして、すべて「許可制」になります。
現在 特定派遣の会社は、施行後3年以内に新しい制度での許可を受けなければならなくなります。

資産要件だったり、フロアの床面積要件が難しかったり、また許可後の報告や調査が厳しかったり、と一般の許可はそれなりの条件が必要で、小規模事業者には取得しづらい環境もありました。
そこで改正法では、小規模事業者に対しては配慮もされるようです。

今後、手続き方法や要件については情報が出てくるものと思います。


2.いわゆる「26業務」(専門業務の無期限派遣)が廃止され、労働者派遣の期間制限の新しいルールが創設

いままでは、1つの業務について原則3年が上限の労働者派遣に対し、翻訳やファイリングなど、専門的な業務であれば派遣期間の上限はなく、実質無期限で派遣することが可能でした。
しかし、業務区分や付随業務の考え方が難しかったり、違法派遣となりやすかった実情もありました。

今回、これが廃止され、どの業務でも同じ考え方に統一されることとなりました。

同一の派遣労働者を、派遣先の事業所における同一の組織単位(部や課)に対し 派遣できる期間は、原則、3年が限度となります。

つまり、AさんをB社の経理部へ派遣できるのは3年が上限で、派遣先経理部でもっと派遣労働者を使用したい場合は、人を変えて(Cさん)受け入れる必要が出てきます。

ただし、Aさんの3年経過後、B社の総務部で新たに上限3年で受け入れることは可能になります。

違う部署で受け入れればOKということです。
資料を見てみても、「仕事が変わらなければならない」とは書かれていないので、これを使ってグレーな運用をするケースが増えるのではないかな?と思うのは私だけではないはず。
ということは、近いうちに規制されるのでしょうね、きっと。
これがOKなら、改正した意味もないですしね。。。

ちなみ、派遣元で「無期雇用」されている派遣労働者であれば、前述の派遣期間の3年上限は適用されずに、無期限派遣が可能です。
あとは、60歳以上の高年齢者を派遣する場合。


このブログには書ききれないですが、その他、細かい話がたくさんあります。

これから、省令や指針、Q&Aが出されるでしょうし、また、各所でたくさんの説明会が開かれるでしょう。

施行まで3週間もありませんし、シルバーウィークなんて連休もありますのでどうなることやら・・・。

きっと、労働局もバタバタしていることでしょう。


改正法が成立した本日、さっそく、下記厚生労働省ホームページに、リーフレットや条文が掲載されましたので、ご参照ください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000077386.html


マイナンバーに、改正派遣法、そしてストレスチェック制度、ホントに人事労務部門はやることだらけの年になりましたね。
もちろん、社会保険労務士の私もです・・・。




最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき/藤沢、茅ヶ崎、辻堂、鎌倉の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、辻堂、横浜、川崎
==============================

 
みなさま、台風の影響はいかがでしょうか!?
大事に至らないことを祈ります。

娘の保育園は、早々に休園が決定し、早朝から連絡が来ていました。
いまは携帯メールに連絡が来るのが当たり前の時代なんですね。
スマホ、携帯電話を持っているのが前提ですが、持っていない人の取り扱いはどうなんだろう!?

ボクが小学生の時代は、電話がない家もあり、近隣の家の電話を借りているってこともあったなぁ、とふと光景を思い出しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
人気ブログランキングに参加しています。
 人気ブログランキングへ←いつも1日1票、応援クリックありがとうございます
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、平成27年10月1日から、厚生年金の取得日と喪失日(退職日の翌日)が同じ月にある場合の厚生年金保険料の取り扱いが変わります。

厚生年金保険料は、原則として【資格喪失日(退職日の翌日)の属する月の前月分】(例:9月29日退職なら8月分、9月30日退職なら9月分)までの分を被保険者(従業員)から徴収し、事業主負担分とともに、国へ納付することとなっています。

ただし、被保険者資格を取得した月に、その資格を喪失する(いわゆる「同月得喪」)ときには、たとえ1日であっても、1か月分の厚生年金保険料を納付することとなっています。

その取扱いの一部が変更となります。

変更となるのは、同月得喪した月に、国民年金の被保険者(第2号被保険者は除く)となった場合です。

これまで、被保険者本人は、厚生年金保険料と国民年金保険料の両方の納付が必要であったものが、国民年金保険料を納付するのみとなります。
いわゆる二重払いを改善しようという取扱いですね。
第2号が除外されているのが腑に落ちませんが・・・。

これに伴い、厚生年金保険料は、事業主がまとめて納付していることもあり、該当する被保険者がいた場合には、年金事務所から事業所へ連絡が行われることになっています。

該当者の通知があった場合、徴収していた厚生年金保険料を本人へ返還しなければならなくなります。
もちろん、納付済であれば会社負担分も返還されます。

もっと管理が簡略化できればいいのですが、従業員が退職後、他社で厚生年金に加入するかもしれませんし、年金の加入手続きをとらずに未加入のままかもしれません。
よって、国民年金に加入するかどうかは会社では把握しきれないため、事前の対応が難しく、やはり、前述の年金事務所からの連絡が来てから対応するしかありませんので、管理が一手間増えてしまうのが難点です。

なお、この取扱いは年金について行われるものであり、健康保険料および介護保険料は対象にならず、今までどおり健康保険料と介護保険料を徴収、納付しなければなりませんのでご注意ください。


これに関する分かりやすいリーフレットがあればいいのですが、今のところないようで、「お知らせ」ベースのものしかありませんでした。
ご参考まで。
http://www.nenkin.go.jp/n/www/share/pdf/existing/main/employer/todofuken/pdf/27_07/zenkoku.pdf



最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき/藤沢、茅ヶ崎、辻堂、鎌倉の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、辻堂、横浜、川崎
==============================

 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
人気ブログランキングに参加しています。
 人気ブログランキングへ←いつも1日1票、応援クリックありがとうございます
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、ついに書籍(共著)の表紙案がきました!

150907_01
初めてカラー版を見ましたが、私だけ他の人と違うトーンが使われているようで浅黒いですね。
うまく表現されているものだなぁ、とプロの仕事に感心します。

アップにするとこんな感じ。
150907_02
周りからは「よく似ている!」と評判です。


肝心の出版予定は10月中旬ころだそうです。


さて、12月から始まる「こころの健康診断」ともいえるストレスチェック制度。

この制度への取り組み方、考え方など、産業医、看護師、社労士、産業カウンセラーが集まって、さまざまな角度から、とても実践的な本を書き上げました。
発売までもう少し間がありますが、ぜひ お楽しみに!

また、これに関連して、FBページもできましたので、よろしければ「いいね」してご覧いただけると嬉しいです。
https://www.facebook.com/scmaruwakari

さらに、書籍ご購入者向けにFBグループも作られます。
そちらは、ご購入者同士でディスカッションができる場となる予定です。
どんな場になるか、私も楽しみです。


出版されましたらぜひお手に取っていただき、皆様とFBグループ等でコミュニケーションが取れたらいいですね。



最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき/藤沢、茅ヶ崎、辻堂、鎌倉の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、辻堂、横浜、川崎
==============================

 
新事務所作りがようやく落ち着いてきました。
まだ動線などは慣れないですけどね。

贈ってくださった お花やグリーンに囲まれ、温かい気持ちに囲まれ、なんだか幸せを噛み締め、とてもやる気に満ちて仕事をしています。

また、「おめでとう」という言霊をいただくだけで、もしくは「がんばれー」と心の中で思ってくださるだけで、十分嬉しく、みなさまのお気持ちが伝わっています。

今後とも変わらずお付き合いくだされば、それだけでこの上ない喜びです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
人気ブログランキングに参加しています。
 人気ブログランキングへ←いつも1日1票、応援クリックありがとうございます
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、この9月から、厚生労働省が「こころほっとライン」というものを開設しました。

一言で言えば、「メンタルヘルスなどに関する電話相談窓口」です。


****************************
電話番号
0120-565-455(無料)

受付日時
月・火 17:00 〜 22:00
土・日 10:00 〜16:00
(※祝日、年末年始は除く)

対象者
労働者やその家族、企業の人事労務担当者など
****************************


このブログでもしつこいほどお知らせしている通り、労働安全衛生法の改正により、平成27年12月から「ストレスチェック制度」が一定規模以上の事業場に義務づけられます。

また、昨年施行された「過労死等防止対策推進法」によって、過労死などの恐れのある労働者などが相談できる機会を確保することとされました。


今回、この「こころほっとライン」が開設されたのは、これらのような背景があるのでしょう。

ストレスチェック制度によって労働者がストレスと向き合うようになり、メンタルヘルス不調の未然防止(いわゆる、一次予防)のためのセルフケアの一環として利用することが考えられます。

また、ストレスチェックを受けるか否かに悩んだ場合や、結果を受けた後の内容についての相談、その後の面接指導を受けるか否か、などなど、ストレスチェック制度全般に関しての相談も可能です。

企業側としても、制度を導入するためにどうすればいいのか、もっと価値ある制度にするためにはどうすればいいのか、などの相談をすることもできるようになっています。

もちろんリファー(適切な相談機関の紹介等)も行われるでしょう。



なお、「こころほっとライン」で対応する相談例には下記のようなものが挙げられています。

1.働く人のメンタルヘルス不調

・こころの悩み
・人間関係の悩み
・仕事の悩みについて

2.ストレスチェック制度

・ストレスチェックの受検方法
・ストレスチェック結果の評価とセルフケア
・医師による面接指導を受けることについての助言
・事業場内における情報管理とプライバシー保護、ストレスチェックをめぐる不利益な取扱いなどについて

3.過重労働による健康障害
・長時間労働による健康への影響
・事業場における健康管理の状況
・長時間労働の削減などの対策について



このように挙げられてはいますが、メンタルヘルス関連の電話相談窓口なので、どのようなことでも対応してくれるはずです。
「こころの悩みについて」と、大きなくくりがありますしね。

今までも様々な機関、団体が無料相談窓口を設置しています。
そして、利用者も少なくありません。

「こころの耳」にたくさん掲載されていますが、常設されているものもたくさんあります。
http://kokoro.mhlw.go.jp/worker/

先日お知らせしたとおり、毎年9月のWHOの定める世界自殺予防デーに合わせ、「働く人の電話相談室」というものが産業カウンセラー協会によって設置されたりもしています。


そして今回、何よりも国が常設して広めようとしていることに意義があるのかもしれません。
冒頭に書いた、ストレスチェックや過労死防止などもそうですが、メンタルヘルス対策に本腰を入れて動いているように感じます。

無料ですし、まずはどんな些細なことでも相談してみてはいかがでしょうか?

なかなか心の内を話すというのは気が進まないものかもしれません。
しかし、不安や悩みを持っている人のうち、誰かに話したところ、「解消した」または「解消されなかったが、気が楽になった」のは毎年90%以上となる統計結果もあります。

つまり、誰かに話すことで心の負担感が減少するのです。
これは心理学用語でいう「カタルシス効果」で説明することができます。
「心の浄化作用」とも表現され、心の内にある様々な不安や苦悩、怒りなどの感情を言葉にして表現すると、安堵感や安定感を得ることができるとされているのです。


もちろん、気が進まないのに無理に、とはいいません。
でも、ちょっとでも気になるのならいかがでしょうか?

とりあえず、電話番号だけメモしておいたり、サイトのURLをお気に入りに入れておいたり。
まずはそれだけでもいいかもしれません。


なお、下記に「こころほっとライン」についてのリーフレットが掲載されていますので、ご参照ください。
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11201250-Roudoukijunkyoku-Roudoujoukenseisakuka/0000095968.pdf



最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき/藤沢、茅ヶ崎、辻堂、鎌倉の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、辻堂、横浜、川崎
==============================

 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
人気ブログランキングに参加しています。
 人気ブログランキングへ←いつも1日1票、応援クリックありがとうございます
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、平成27年8月28日に、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」という法律が成立しました。

通称は「女性活躍推進法」と呼ばれます。

この法律により、301人以上の労働者を雇用する事業主は、平成28年4月1日までに、女性の活躍推進に向けた行動計画の策定・届出などを行うことが新たに義務づけられることとなります。

といっても、アバウトすぎてよくわからないですよね・・・。

そもそも、「次世代育成支援対策推進法」という法律で、従業員101人以上の企業に対して、「一般事業主行動計画」の策定・届出が義務付けられています。
これは、従業員の仕事と子育て(いわゆるワークライフ・バランス)に関する環境整備のために、会社が具体的に目標を定めます。

たとえば、育休取得率○○%アップ!とか、残業時間○○時間削減!などなど。

これに、冒頭で書いた「女性活躍推進法」によって、女性が活躍できるように環境改善をする目標などを定める必要が生じたという事です。

たとえば、採用や昇進・昇格、教育・育成などに関すること。


10月以降に、厚生労働省が指針を出す予定なので、それに具体例などが載ると思います。


今回のお知らせは、まず法律が制定されたこと、そしてやらなければならないことができたこと、を目的にいたしました。


厚生労働省ホームページでは、特集ページが設置されているので、ご参照ください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000091025.html



それにしても、マイナンバー、ストレスチェック制度などなど、人事・労務管理部門ではやることばかりが増えていきますね。。。
ひとつひとつ対応するしかないのでしょうが、四苦八苦しますよね。



最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき/藤沢、茅ヶ崎、辻堂、鎌倉の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、辻堂、横浜、川崎
==============================

 
あっという間に9月です。
秋の気配が色濃くなってきましたね。
風が気持ちいい。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
人気ブログランキングに参加しています。
 人気ブログランキングへ←いつも1日1票、応援クリックありがとうございます
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、先日お知らせいたしました通り、社労士オフィスみやざきは、本日9月1日から新事務所での営業を開始いたします。

新所在地:〒251-0047
       神奈川県藤沢市辻堂1-4-16
             ヴェルドミール湘南401

最寄り駅:JR東海道線 辻堂駅 徒歩3分
       (市が変わりますが、最寄り駅に変更はございません)

TEL:0466−41−9975
FAX:050−3737−1865(変更なし)


8月28日に引っ越しをし、そこから昨日まで4日間かけて整理してきましたが、まだ雑然としています。

それでも、仕事をするには支障のないところまで辿り着きました。

完全に疲労困憊です。。。
そして筋肉痛です。。。

150901_01
上下連結式のスチール書庫なのですが、自分でセッティングしました。
上部だけで30〜40kgあるようです。
これを上部に載せるために、肩くらいの高さまで持ち上げると、、、汗がドワッと吹き出すものなんですね、、、新発見しました。

そして、この書庫の組み立てが終わってホッと一息ついていると、写真のようななんとも立派な胡蝶蘭が届きました。
社労士の先輩からの贈り物です。

そして午後。
ブラインドのセッティングをしてホッと一息ついていると、これまたキレイな胡蝶蘭が。
150901_02
会社員時代の同期からの贈り物。

いや〜、嬉しいものですね。
贈り物をいただけるというのは幸せなことです。
そして、何よりその気持ちが心底嬉しいです。

私はお花や植物が大好きなので、なおさら。
疲れているところにお花が来てくれるのは一種の清涼剤みたいなものですね。


さて、引っ越し自体は、引越屋さんに頼んだので楽でしたが、その後のレイアウト変更のためにいろいろと移動してみたり、いろんなものを組み立ててみたり、と完全に肉体労働をしました。

そうすると体が疲れて、細かい整理が面倒になるものですね。

慌てず、ゆっくりと確実に整理していきたいと思います。


新事務所が自分のものになるのには時間がかかりそうです。

整理整頓もそうなのですが、動線が慣れませんね。
これも時間をかけて慣れていくものでしょう。

事務所内の雰囲気はとてもいいですし、働きやすそうな環境です。
そして、駅も近いですし、郵便局や銀行などの諸々も至近。
何より、今までよりも広くなって快適です。

新天地を拠点に、さらなるサービス向上を目指し、また、自分も高めながら、より一層お客様のお役にたてるよう、楽しく仕事をしていきたいと思います。


「焦らず、怠けず、無理をせず」

「喜びと感謝を忘れずに」


今後とも、よろしくお願いいたします。



最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




==============================
事務所のオフィシャルサイトは こちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき/藤沢、茅ヶ崎、辻堂、鎌倉の社会保険労務士

就業規則、是正勧告のことなら こちら↓↓↓
 就業規則専門相談所/藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、辻堂、横浜、川崎
==============================

このページのトップヘ