湘南発!社労士みやざきブログ

元【20代社労士の開業奮闘記】。 2006年、28歳で開業した社会保険労務士です。 労務関連分野や仕事のこと、日常のことなどを綴っています。

2010年07月

 
人気ブログランキングに参加しています。
 人気ブログランキングへ←いつも1日1票、応援クリックありがとうございます


さて、昨日の夜、参議院議員選挙の期日前投票へ行ってきました。

ずいぶん前からある制度でしょうが、私としては初めての経験です。

今までは毎回期日に投票所へ足を運んでいました。
自慢にも何にもなりませんが、投票へ行かなかったことは一度もありません。

しかし、この日曜日はちょっとした用事で時間を取ることが難しそうだったので、この便利な制度を活用。
夜8時までやってくれているので、仕事終わりに足を運んでも余裕で間に合いますね。

今後はこの制度をどんどん活用していこうと思いました。

期日前投票は空いているものだとばかり思っていましたが、かなりの人数が利用しているようですね。
昨日も長蛇の列ができているくらいでした。

やはり、使い勝手がいいのでしょう。
日曜に出掛けたい人も多いでしょうし、仕事の人もいるでしょうしね。

なにはともあれ、無事に投票が済んでスッキリです。
国民の権利を行使できました。
『義務』じゃなくて『権利』。

大事な大事な国政に関わる選挙です。

何が正しいのか、誰が、どの政党が本当に国のための舵取りをしてくれるのか。
暗中模索、五里霧中の昨今ですが、ちゃんと考え、見極めて大切な一票を投じる必要がありますよね。

と言っても、蓋を開けてみないと、任せてみないとわからないというもので、気持ちが良くないですが…。

各党、各候補者の主張を聞いても、他党批判や抽象的理念ばかりで選択すら難しい。

私の無い頭では、なかなか理解に苦しみます。

「で、どうしたいのですか?」
「で、どうできるのですか?」

という疑問ばかりが浮かんでしまい…。
もっと勉強しなきゃいけないですね。


みんながみんな、「国をよくしたい!」というベクトルのはずなのに、なんでこうも足の引っ張り合いなのでしょう。
もちろん、与党外のチェック機能というのは非常に大切なものだと思いますが。

ん〜、利権、権益、プライドなどなどいろんなものが絡むのかな。。。


だからと言って、「投票しない」「選挙に行かない」というのはまた違う話でして。
国民が目を光らせ、票を投じることによって取れるバランスというものもあるでしょう。
投票しないということは、「好き勝手にやってください。」というのと同じだと思います。
だからこそ、わからなくても、難しくても投票する必要があるんじゃないかなぁ、と。


当選される方には、ぜひぜひ一票の大切さをずっと忘れずに、政策に取り組んで欲しいものですね。




最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログへ



==============================
事務所のオフィシャルサイトはこちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき−神奈川県の社会保険労務士
==============================
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
やっぱり病院のクスリは効きますね。
気持ちの問題かもしれませんが。

超長期間の体調不良の原因は、いくつかのウィルスや菌の複合感染の疑いのようです。
治りかけた頃に違うのに感染し、また次のに、、、と繰り返した感じらしい。
病院嫌いが祟った結果でしょう…。

老人のように何種類ものクスリを飲んでます。

完全復調しますよーに。


人気ブログランキングに参加しています。
 人気ブログランキングへ←いつも1日1票、応援クリックありがとうございます


さて、今年はミニトマト栽培に再挑戦しています。

数年前にベランダのプランターで育てたミニトマト。
花が咲いては落ちて、花が咲いては落ちての繰り返しで、結局まったく実を付けずに終わりました…。

1〜2ヶ月前、散歩中に見かけたお花屋さんで苗を購入して育てた結果、最近見事に実をつけてきました!

で、いくつか赤くなってきたので、「明日あたり収穫して食べてみようかなぁ。」と思った週末。

次の日、水遣りに出てみると、、、

「ん?なんか変だぞ…。」

赤くなっていた実がなくなっていました…。

そして、周りには、まだ青い実がちらほら転がっている。。。

よく見ると茎が折れているものもある。。。


やられました。

カラスの仕業でしょう。

最近、近所にカラスが非常に多く、その日も早朝から沢山のカラスが騒いでるなぁ、と思っていたところでした。

ものすごく残念です。


それにしても、実が赤くなるまで待つなんて、どんな根性してるんじゃぃ。
青い実は避けて、赤い実だけ食べるなんて、どんだけ贅沢な舌をしてるんじゃぃ。
ビニールを被せて対策しても、ビニールごとぐちゃぐちゃにするなんて、どんだけ乱暴なんじゃぃ。


ということで、プランターを家の中に持ち込んでみました。
幸い、まだいくつか無事な青い実が付いています。

が、太陽を浴びずにちゃんと育つのでしょうか?
少し経過を見て、駄目そうなら諦めましょう。

そして、、、部屋の中にあると邪魔です。


最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログへ



==============================
事務所のオフィシャルサイトはこちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき−神奈川県の社会保険労務士
==============================
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
と言っても、すでに6日ですが。


人気ブログランキングに参加しています。
 人気ブログランキングへ←いつも1日1票、応援クリックありがとうございます



さて、2010年が始まって、あっという間に半分が過ぎました。
時間が経つのは早いものですね。

私は個人事業なので、1〜12月が事業年度(というのかな?)。
ということで、事務所も2010年の半期が終了したことになります。

さっそく半期集計を。
といっても、月次集計しているので、それをまとめるだけなんですけどね。

目標の進捗は、なんとか半分+αをクリアできました。
少し高めのハードルを設定してみたので、そのクリアに向けて順調に進めていることを確認できて嬉しい限りです。
下半期も勢いをプラスして、さらに邁進していきたいものです。


こうやって仕事をしていけるのもお客様がいてくださってこそ。

引き続き、『喜びと感謝を忘れずに』過ごしていきます。


仕事上は、今週いっぱいくらいで少し落ち着きを取り戻せそうな気配です。
もちろん、いっぱいご依頼をいただくに越したことはないですけどね。

労働保険料申告(年度更新)や社会保険の算定基礎届、賞与支払届などの大型定型業務が落ち着くのが一番の要因でしょう。
規程関係や労働問題関係も同時に落ち着いてきました。

この機会に、ちょっぴり煩雑になってきていた、データや書類の整理をしっかりとやって、新たなルール創りをしておきたいと思います。
準備と管理をしっかりやっていれば、頭の中がパニックになったときに整理しやすいし、ミスもしづらくなるので、とても大切です。

スムーズな仕事は、何より準備と管理(アフターフォロー)に尽きますね。


さて、仕事をしっかりやって、プライベートも充実させて息抜き
といきたいところですが、プライベートも考えることや決めなきゃいけないこと、手続きがなんやかんやといっぱいあって、ちょっと心労気味。

先々々週くらいに崩した体調がまだ完全復調しません…。
いいかげん病院に行って、ちゃんとクスリをもらってこようかな。


と、なんだかブツクサと書いてしまいましたが、そんなこんなの毎日を元気にやっております。

2010年後半も、仕事にプライベートに充実させていきましょう



最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログへ



==============================
事務所のオフィシャルサイトはこちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき−神奈川県の社会保険労務士
==============================
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
人気ブログランキングに参加しています。
 人気ブログランキングへ←いつも1日1票、応援クリックありがとうございます


さて、6月1日から始まった電子申請『e-Gov』の一括申請に、とうとう昨日初挑戦しました。

6月初旬に事前準備だけは完了させていました。
(参照:当ブログ『e-Govの一括申請』)

そして、業務ソフトの一括申請対応も6月中旬に行われ、いつでもできる状態ではあったのですが、利用は1ヶ月経つまで待つことにしていました。

なぜなら、、、新しいシステムというものは、ある程度のシステム不具合が出るのが当然なので、基本部分の不具合が一回りするのを待つためです。

予想通り、不具合が出ていたようですね。

まだまだバグ等の不具合があるでしょうが、とりあえず初期的なものは解消されたと判断し、昨日から使い始めることにしたというわけです。


まずは、7月の月変と算定基礎届の手続きを。

所見としては、、、いやぁ、非常に簡便になりました。

今までのように、あっちこっちのファイルをいじったり添付したりする必要がなくなり、PC内の業務ソフト上でサクサクとできてしまいます。

これは、使わない手はないというくらい楽です。


もちろん、初めて電子申請に挑戦する方は、様々な初期設定が必要ですし、使い慣れるまでに時間がかかるかもしれません。
でも、初期にそういった時間と手間を投資してしまえば、あとあと長い目で見ると対効果は高いと思われます。
もちろん、いつまたシステム変更されるかわかりませんが…。


そんなわけで、健保組合管掌以外のお客様の分の算定は全て完了!
時間をかけて準備をしっかりしてきたので、提出時期が来てしまえば出すだけですからね。


これで労働保険の年度更新、社会保険の算定、と大型定型業務は大方完了。
月変やら賞与支払届やらがありますが、この辺は個別対応なので大丈夫でしょう。

いやぁ〜、スッキリしました。

これでまた他の事に時間が割けそうです。

ポッカリとできた時間を持て余さないように気をつけて、大切に時間を使わないといけないですね。



最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログへ



==============================
事務所のオフィシャルサイトはこちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき−神奈川県の社会保険労務士
==============================
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
今日から7月です!
1年の後半戦のスタートです!!

引き続き、元気に前向きに進んで生きましょう。


最近、サッカーの話題を中心に、業務外の話ばかりを書いてしまっている当ブログです。

今日は、久しぶりに業務関連のお話を。


人気ブログランキングに参加しています。
 人気ブログランキングへ←いつも1日1票、応援クリックありがとうございます


さて、昨日平成22年6月30日付で、『改正育児・介護休業法』が全面施行されました。

当ブログでも昨年の法成立から何度か綴ってきましたが、法施行を機に改めてまとめておきましょう。

すでに施行されていた部分も合わせ、改定内容を紹介いたします。

□ 第1次施行(平成21年9月30日)

(1)事業主による苦情の自主的解決及び都道府県労働局長による紛争解決の
   援助制度の創設
(2)法違反に対する勧告に従わない場合の企業名の公表制度、報告を求めた
   場合に報告をせず又は虚偽の報告を行った場合の過料の創設

□ 第2次施行(平成22年4月1日)

(1)指定法人の業務の改廃
(2)育児・介護休業法に係る労働者と事業主の間の紛争に関する調停制度の創設

□ 第3次施行(平成22年6月30日予定)

(1)3歳までの子を養育する労働者に対する短時間勤務制度の措置の義務化、
   所定外労働の免除の制度化
(2)子の看護休暇の拡充
(3)男性の育児休業取得促進策(パパ・ママ育休プラス等)
(4)介護休暇の創設

  ※(1)、(4)について、従業員100人以下企業における施行期日は、平成24年6月30日予定


今回施行される部分は『第3次施行』とされる部分です。
紛争の解決や勧告等に主眼が置かれた第1次、第2次施行とは違い、今回の第3次施行は育児休業、介護休業等の企業内実務に関するものが主とされています。

ただし、短時間勤務制度の義務化など一部の内容につき、100人以下の企業への施行は、2年間の猶予期間が与えられ、平成24年6月30日に適用となります。

今回の改正は、法の根本を動かす大改正ではありませんが、実務レベルで考えると、かなり複雑な改正がなされたと言えます。

特に、(3)の『パパ・ママ育休プラス』と呼ばれる部分です。
「どのようなときに、どのように取得することができるのか」、また「どのような状況だと取得できないのか」を整理し、シミュレーションしておかないと混乱が生じる可能性が高いでしょう。

さらに、従前からある『1年6ヶ月まで延長できる特例』との絡みなど、実務レベルでは、本当にケースバイケースで考えさせられる状況におかれます。

厚労省からは、Q&A集が公表され、ケースにおける考え方を周知しようとしています。
しかし、まだ実施行がされているわけではないため、今後より多くの疑問や質問が生まれ、制度の定着に向けた動きが出てくることでしょう。

企業での対応としては、社内規程となる『育児・介護休業規程』の改訂も早めに準備し、基本的な部分をしっかりと把握しておく必要があります。

当事務所でも規程の改定、制度の説明等の対応をしておりますので、お気軽にご相談ください。


その他、詳細については、厚生労働省ホームページをご参照ください。
http://www.mhlw.go.jp/topics/2009/07/tp0701-1.html




最後に、こちらをポチっと応援クリックお願いします。
あなたの1クリックが、ブログを書き続ける活力にっ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ


よろしければこちらもポチっと。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログへ



==============================
事務所のオフィシャルサイトはこちら↓↓↓
 社労士オフィスみやざき−神奈川県の社会保険労務士
==============================
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ